犬が吐く その2


うちのじじ(チワワ)が1日に3回も吐いた日から5日。

若干の環境の変化によるストレスが大きな原因ではと思い、再び同じ部屋で寝ることに。

結果、全然吐きません。お薬が効いたのかもしれませんけど、やっぱり寂しかったのかな。

私の布団の上で寝たり、もぐってきたり、ベッドの横にある自分のベッドに入ったりご機嫌に過ごしています。

とりあえずは問題解決ということで、めでたしめでたし!

 

さて、じじがうちにやってきた理由についてお話します。

3年ほど前から認知症の症状が少しずつ出ていた実母は、同居していた弟が仕事で夜遅く帰宅することが多く、朝は朝で雑談も少なく、休みの日も勝手に出て行くようでほとんどコミュニケーションがとれないことで毎日寂しそうでした。

弟も時折ペットでも飼えば少しは気がまぎれるかもと話していたので、去年の3月、ペットショップに母を連れて言いました。

母はもともと動物に触れることがあまり得意ではなかったのですが、ペットショップで数匹ワンちゃんを見せていただき生後3か月だったチワワを抱っこさせてもらったとき、そのかわいい顔に母も私も娘も一目ぼれしました。

私がサポートしながら実家で飼うことにしましたが、弟は世話なんかしないと猛反対。

母もその反応を知り、泣き出すし、結局うちで飼うことになりました。

うちは飲食店(弁当屋)なのでペットを飼うことなんてないと思っていたのになぜが今ではいつもそばにじじがいます。

もちろん店には入れないし、衛生面もすごく気を付けています。もちろん!

でもこの1年半、思いがけなく大変なことがあったけど、じじがいてくれたおかげで、 心がとても救われました。

詳しいことはまた今度にします。今日は少し長くなりましたのでこれで終わり。

じじが遊んでほしそうに待ってます。

 



 

 

 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました