びっくり!愛犬のダイエット成功!ただの食べ過ぎだった!?

お花見中の愛犬未分類

寂しがっていた実母へのプレゼントと認知症対策として飼ったはずが、

紆余曲折を経てなぜか我が家の愛犬になって3年余り。

チワワのジジくんは、今や長女よりもでかい態度で暮らしています。

仕事から帰って来た長女にしっぽブンブンでお迎えし、すぐに姉弟?喧嘩。

負けそうになると、私の元に逃げ込んできます。

いずれは、私の認知症予防対策になってしまうかも。

 

体重オーバーだったジジくんがすっかりスリムに

 

ジジくんは、うちに来たときからチワワにしては大きな体格でした。

「大きくなっても3kgくらいですよ」

ペットショップのお姉さんは、にこやかに言ってくれましたが、

1歳の頃には、3kgを超える勢い、3歳になると5キロ越えでした。

フードは、決められたとおりにあげているはずなのに、なぜなんだろう?

よ~く考えると、夫がおやつをあげすぎていた模様。

 

今思うと、よく吐いていたんですよね。

犬ってちょっとしたストレスで吐くんですが、

それにしても頻繁に吐くので、病院にもいきました。

胃薬と吐き止めを飲むとすぐに治るんですが、

油断すると、また…。

 

 

病院で注意されていたことはもう1つ。

チワワはひざが脱臼しやすい犬種なのですが、

うちの子は、すでに脱臼しかかっているらしい。

なので、ひざに大きな負担がかかると、歩けなくなることもあるとか。

「少し体重を落とそうか。せめて5キロは切らないと」

獣医さんにそう言われ、

フードの半分をお豆腐に、

フード全体の量も2/3にしました。

 

すると・・・。

抱っこした時の重さが少し変わってきたような。

でも実際の体重は測っていませんでした。

「ちょっとは軽くなったみたい」

あまり吐くこともなくなったし。

 

そして先日、3ヶ月ぶりにカットしてもらったところ。

なんとまあすっかり痩せていたではありませんか。

トリミングしてもらういつものお姉さんも

「じじちゃん、痩せました?」

家に帰って体重を測ってみると、

5,5kgから4,4kg なんと1キロも減っている!

人間で言えば、54キロから44キロまで落としたことになるはず。

「おおっ、うらやましい」

 

でもなんかスリムになりすぎて、別人:別犬みたいです。

少しだけフードを増やしてあげようかな。

おやつももう少しあげてもいいかな。

 

 でもリバウンドには気をつけよう! 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました