智積院の紫陽花と青もみじに癒され、雄大な庭園にうっとり 

智積院京都散策雑記

朝からの雨がやっと上がったお昼前、久しぶりの外出にうきうきしながら智積院を目指しました。

新型コロナウイルス感染対策で、一番いい季節の外出が出来ず、悶々としていました私にとって、ご褒美の晴のようでした。

今回は、智積院の紫陽花や青もみじのほか、見事な庭園などを紹介します。

まだ観光客が少なくて、ほぼ独り占めの智積院、その様子をどうぞお楽しみください。

智積院について

智積院は、真言宗智山派の総本山でご本尊は大日如来。

豊臣秀吉が長子鶴松の菩提を弔うために建てた祥雲禅寺が前身で、徳川家康が紀州(現在の和歌山)の根来寺の智積院住職に寄進し、「五百仏山(いおぶざん)根来寺智積院」と称したのが始まりです。

国宝の障壁画や利休好みの庭園が有名で、最近では紫陽花の穴場としても注目されています。

いざ、智積院へ

これまた久しぶりの京阪電車に乗り、七条駅で下車。

七条通を東へ徒歩10分ほどで、智積院に到着します。

七条通りから東側を見れば、正面に智積院の大きな門(総門)が見えますので、迷うことはありません。

智積院 

智積院 総門

総門からは入れませんので、南へ(門に向かって右)少し歩いて、駐車場入り口も兼ねたところへ。

入ってすぐ左の総合受付で御朱印をいただき(御朱印はここでいただくことになっています)冠木門をくぐりました。

智積院御朱印

冠木門の両側には、桔梗が咲き並んできれいです。

智積院

冠木門

智積院

参道の右は、緑がまぶしい青もみじがたくさん。

でもまずは、金堂へ参拝です。

智積院

金堂前の参道

ご覧の通り、ほとんど人がいません。

静かで…と言いたいところですが、交通量がまあまあある東大路通に面しているため、なんとなく雑音が聞こえてくるのが残念。

参拝を済ませ、金堂裏のあじさい園へ。

智積院

金堂の五色幕

智積院の五色幕がはためいています。

智積院の可愛いあじさい

あじさい園は、それほど大きくありませんが、見ごろのあじさいも多くて、とてもかわいいです。

智積院

智積院 紫陽花

智積院 紫陽花

あじさい園を何度もくるくる回って堪能しました。

この後は、気になっていた青もみじを見に行きます。

 

関連記事

梅雨の季節を彩る京都の紫陽花おすすめ5選!定番や穴場を紹介!

 

鐘楼堂周辺の青もみじ

鐘楼堂の周りを囲むような小道を歩くと、空が青もみじ色になっているようです。

鮮やかな緑と、青葉のいい香りに何度も深呼吸をしてしまいました。

智積院

智積院

鐘楼堂が奥にチラッと見えていますね。

あじさいももちろんよかったのですが、私は青もみじの鮮やかさがとても印象に残りました。

自然を楽しんだ後は、芸術を楽しんでみましょう。

まるで別世界!国宝と名勝庭園

金堂への参拝道を少し戻ると、講堂・大書院と収蔵庫の拝観受付があります。

まずは国宝を拝見。

必見!障壁画

蔵のような建物にちょっとドキドキしながら中へ入ります。

室内にはすべての壁に障壁画があります。

室内入り口の横にあるボタンを押すと、説明案内が流れてきます。

ここでも私一人だけでしたので、説明を聞きながらゆっくりと障壁画を拝見しました。

長谷川等伯とその一門が手掛けた障壁画

中でも26歳の若さで亡くなった等伯の子久蔵が描いた「桜図」と息子の亡くなった悲しみの中で描いた等伯の「楓図」は、芸術に疎い私にも胸に迫るものがありました。

ダイナミックな庭園を味わう

収蔵庫を出て、講堂へ。

ここでも鮮やかな緑を楽しみながら、上り口へ向かうと、すでに見えてきました。

なんとも迫力のある庭園です。

智積院

大書院へ通るとみごとな庭が目の前に迫ってくるようです。

「おおっ」

本当にダイナミック!

智積院

後ろを振り返ると、さっき見た障壁画の複製画が色鮮やかに迎えてくれます。

智積院

またまた独り占めの贅沢なひととき。

大書院と講堂はほかにも見どころが!

大書院の左には宸殿があり、堂本印象の障壁画がありますが、普段は公開されていませんので、素通りです(残念!)

智積院

奥に見えるのが宸殿です

そこで、大書院の中を拝見。

回廊や廊下から見える庭も見事です。

智積院

智積院

講堂内のお部屋には、四季を題材にした襖絵が飾られていました。

等伯のきらびやかな色遣いとは対照的な墨絵でしたが、とても美しくて心が穏やかになるようなものばかりでした。

時間が止まったような贅沢な智積院でのひと時、とても癒されました。

智積院 基本情報

境内の拝観は無料です。

拝観時間 9:00~16:00

拝観料(収蔵庫・名勝庭園) 一般500円 中高生300円 小学生200円

アクセス

京阪本線 七条駅下車 徒歩10分

市バス 206・207・208系統 東山七条下車

詳しくはこちらで検索してみてください


コメント

タイトルとURLをコピーしました