戦国の梟雄 松永弾正久秀とはどんな人物だったのか 真の姿を探る

戦国時代

松永久秀と言えば、将軍を暗殺し、主君を欺き、大仏の首を落とし、最期は信長に責められて、名器とともに爆死した、まさに戦国時代の梟雄(残酷で荒々しいことや人物)としての印象があります。

東大寺の大仏

私もずっとそのようなイメージを持っていたのですが、現在(2020年)放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』を見ているうちに、

松永久秀って、もしかしたらそんなに悪い人じゃなかった?

と思うようになってきたんです。

演じる吉田鋼太郎さんの影響も大きいですが、じっくり見ているとなんだか今までのイメージには当てはまらないような…。

そこで、改めて松永久秀について調べてみました。

戦国のややこしい人間関係がとても複雑なのですが、できるだけわかりやすくいつものように私見も入れながらお話してみます。

同じように思っている方も、そうでない方も、本当の松永久秀の姿を一緒に探ってみましょう。

不明な前半生から三好家での出世まで

久秀が生まれたのは、永正5年(1508年)ごろ

出身地は、摂津国五百住(よすみ:現在の大阪府高槻市)とも山城国西岡(現在の京都市西京区)とも阿波国(徳島県)ともいわれ、詳細は不明です。

その後、天文2年(1533年)ごろに三好長慶に仕え始めるまでの久秀についても詳しくわかっていません。

とにかく、久秀が25歳ごろに、三好長慶に仕えることになりました。

三好長慶像

そのころの三好氏は、長慶の父元長が、主君である室町幕府管領細川春元により殺害され、とても不安定な立場に置かれていました。

まだ12歳だった長慶の右筆(秘書)として仕えた久秀は、長慶の相談相手ともなり、身近な存在として、行政・軍事両面で長慶を支えていたようです。

三好家が京都を支配

天文18年(1549年)

三好長慶は、室町幕府第13代将軍足利義輝・細川晴元らを近江国(滋賀県)へ追放し、京都を支配するようになります。

久秀は、公家や寺社と三好氏との交渉の役割を任されました。

その後三好家の家宰(家長に代わり、家の仕事を取り仕切る人・執事)となり、弾正忠に任官します。

弾正=監察や治安維持を業務とする役所:弾正台の職員のこと

久秀は、主君長慶によく仕え、京の治安維持などの重責を担っていたのです。

相国寺の戦い

しばらくは京の町も平穏に過ぎますが、天文20年(1551年)将軍義輝の京への帰還を図り、細川晴元が攻め込んできます

久秀らは、晴元軍と相国寺で戦い、撃破します。

しかしこの戦いで、相国寺の塔頭や伽藍が火災に遭ってしまいました。

その後も三好氏と晴元・義輝の争いはたびたび起こり、そのたびに、三好氏側が撃破しています。

北白川の戦い

永禄元年(1558年)

義輝・晴元が京へ進軍してくると、久秀は三好一門とともに迎え討ちます。

数か月後、長慶は義輝と和解し、義輝を帰京を許し、室町幕府の実権を握りました。

久秀も幕政に参画していきます。

将軍の信頼を受ける

三好氏は、京から畿内へと勢力を拡大し、本国である阿波国も支配し、大勢力を持つようになります。

永禄3年(1560年)

久秀は、長慶の命により、大和国(奈良県)において、興福寺などの寺社勢力や筒井順慶を攻め落とし、大和国を統一します。

その一方で久秀は、長慶の嫡男三好義興とともに将軍義輝の御供衆に任じられ、弾正少弼(しょうひつ)に任官しています。

同年11月には、大和国北西部の信貴山城に移り、居城としました。

翌永禄4年には、従四位下の官位を与えられ、義輝から桐紋と塗輿の使用を許されます。

このことから、久秀は三好家の家臣でありながら、その身分は主君長慶や義興と同じとみなされていたようです。

幕府や朝廷から特に重要な存在として認められていたのです。

将軍義輝との関係

義輝と長慶が争っていた時には、久秀は義輝を

「悪だくみをしてわが主君長慶との約束を何度も破って、細川晴元と結託しているので、京を追放されるのは当然だ」

などと責めていました。

しかし、義輝が帰京してからは、次第にその関係も改善され、義輝の御供衆として多くの仕事をこなしています。

その功により、義輝の久秀への信頼は高いものだったと考えられます。

久秀の働きにより、この時期の室町幕府と三好氏の関係は表面上は良好だったと言えるでしょう。

三好氏の重臣として、また義輝の御供衆として、滞りなく仕事をこなせる久秀は、器用で、機転が利き、非常に能力の高い人物だったことは間違いありませんね。

畿内最大の実力者になる

将軍義輝との抗争がおさまり、政情が安定すると、三好氏の畿内での勢力はどんどん拡大していきます。

そんな中、久秀は、長慶より大和一国の支配を任され、その拠点として多聞山城を築城しています

久秀の権勢は絶頂期を迎え、国持大名と同じ地位を得るようになりました。

この後、久秀がどんどん出世するのに対し、主家である三好氏では不幸が続くことになります。

三好家の不運

永禄4年(1561年) 長慶の弟十河一存(ぞごうかずまさ)が病死
永禄5年(1562年) 長慶の弟三好実休(じっきゅう)が戦死
永禄6年(1563年) 義興が病死
永禄7年(1564年) 長慶の弟安宅冬康(あたぎふゆやす)が長安の命で殺される

一連の不幸により、三好氏における実力者は久秀に並ぶ者はいなくなります。

このことから、三好氏一族を久秀が暗殺もしくは謀殺したのではないかという説がありますが、確たる証拠はなく、憶測の域を超えません。

重なる不幸に気概を失ったのか、長慶自身も病に侵され、永禄7年7月、久秀の主君三好長慶が43歳の若さで病死してしまいました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました