皇室ゆかりの安楽寿院 伏見の竹田は平安貴族の別荘地だった⁉

安楽寿院 大師堂京都の寺社仏閣
安楽寿院 大師堂 出展:663highland

京都の南、伏見区竹田にある安楽寿院は、鳥羽上皇が造営したお堂が起源となった寺院です。

現在は、名神高速道路の京都南インターチェンジや近鉄竹田駅、京セラの本社ビルなどが建つ竹田地域ですが、平安時代には、隣接する鳥羽周辺の地域とともにとても風光明媚な土地でした。

今回は、そんな美しい景色の中に建てられていた安楽寿院を紹介します。

 

安楽寿院の由緒

応徳3年(1086年) 白河天皇の退位後の居住地として、京の南に鳥羽離宮が建てられます。

広大な土地(東西約1.2~1.5㎞・南北約1㎞)には、御所・庭園・仏堂などが建てられ、貴族たちが優雅な文化を楽しみました。

その後も、北殿・馬場殿・泉殿・東殿・田中殿などが増設され、以後白河上皇・鳥羽上皇・後白河上皇と、3代に続く院政の舞台になりました。

安楽寿院は、保延3年(1137年)、鳥羽上皇が鳥羽離宮東殿に建てた仏堂が始まりとされています。

ご本尊は阿弥陀三尊。

この後も、本御塔・九体阿弥陀堂・閻魔堂・不動堂・新御塔などが次々に建てられて、日本各地からも膨大な荘園が寄贈されます。

最盛期には32国63ヶ荘もの寺領を持っていました。

しかし、南北朝の争乱や慶長伏見地震などを経て、多くの寺領を失いますが、豊臣秀吉により、寺領500石を安堵されました。

幕末の鳥羽・伏見の戦いの際には、官軍の本陣が置かれたことが知られています。

 

安楽寿院の境内

安楽寿院は、近鉄・市営地下鉄竹田駅から徒歩約5分の住宅街にあります。

境内には、

阿弥陀堂…ご本尊阿弥陀如来像をお祀り(非公開)

安楽寿院 阿弥陀堂 出展:663highland

大師堂…弘法大師のほか、安楽寿院の旧塔頭に祀られていた大日如来・薬師如来・聖観音・十一面観音・千手観音・地蔵菩薩・不動明王などをお祀り

三宝荒神社…火難除けの神様
三如来石仏…平安時代に造られた釈迦・弥陀・薬師三尊(弥陀三尊像は京都国立博物館にある)
石造五輪塔…鎌倉時代の作。重要文化財に指定。

などがあります。

広大な鳥羽離宮が廃れていった中で、貴重な遺構となっています。

安楽寿院に隣接して、鳥羽天皇陵と近衛天皇陵があります。

観光客はほとんどいませんので、ゆっくりと拝観できますよ。

御朱印をいただく場合は、山門横のくぐり戸から庫裏へ行ってください。

ちょっと勇気がいりますよ(^_-)-☆

少し足を延ばせば、北向山不動院や城南宮もあります。

竹田方面の散策コースとしてお勧めします。

猫好きの方に朗報!安楽寿院の境内に住み着いた3匹の猫ちゃんがいます。運が良ければ会えるかも

 

この投稿をInstagramで見る

 

mutekinokimi(@mutekinokimi)がシェアした投稿

安楽寿院 基本情報

拝観自由

阿弥陀如来坐像特別拝観時 
拝観時間 10:00~16:00
拝観料 300円

安楽寿院公式サイトはこちら

アクセス

市営地下鉄・近鉄京都線「竹田」駅下車 徒歩5分

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました