菅原道真生誕の地と言われる菅原院天満宮神社「烏丸の天神さん」へ

京おぼえ

京都御所の西側、烏丸通に面した菅原院天満宮は、菅原道真公ご生誕の地と言われています。

京都御所から見る菅原院天満宮神社 京都フリー写真素材

ちょうど梅が美しい3月初め、京都御所の梅林を愛でた帰りに寄ってみました。

境内はそれほど広くありませんが、とても気持ちが良くて落ち着く神社でしたよ。

今回は、菅原院天満宮神社を紹介します。

菅原院天満宮神社の由緒

ご祭神

  • 菅原道真
  • 菅原是善(これよし)
  • 菅原清公(きよきみ)

ご利益 
学業成就・合格祈願
出世・就職

皮膚病・ガン封じ(梅丸大神)

現在菅原院天満宮神社のある場所には、菅原道真生誕地であるとともに、道真の曽祖父・古人朝臣、祖父・清公、父・是清が住んでいたとされる菅原院がありました。

菅原道真5歳の像

菅原道真5歳の像

道真が大宰府で亡くなった後、菩提を弔うために歓喜光寺が創建されます。

しかし、歓喜光寺はその後、源融邸跡である六条河原院へ移り、この地には殿舎が残されるのみとなりました。

菅原道真誕生の地であるという由縁から、新たに創建されたのが、菅原院天満宮神社です。

関連記事
菅原道真はなぜ怨霊に?なぜ天満宮に祀られたのか?その生涯を知りたい!

 

御朱印

菅原院天満宮神社でいただける御朱印には、以下の種類があります。

  • 菅原院天満宮神社の御朱印 
  • 毎月25日(月次祭)に授与される限定御朱印 
  • 梅丸大神の御朱印 
  • 京都厳島神社の御朱印
  • 京洛八社朱印めぐりの印

菅原院天満宮神社の御朱印です

月次祭にいただける限定御朱印は、カラフルで可愛いうえに月ごとに変わるので、とても楽しいですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

地蔵十福(@jizoujuppuku)がシェアした投稿

 

関連記事
京都にもある厳島神社「池の弁天さん」平清盛ゆかりの神社

 

境内の見どころ

烏丸通りに面した鳥居をくぐるとすぐ右に社務所、左に手水所があります。

丑年の今年、大きな絵馬(?)がかかっていました!

少し奥に行くと、南から

戸隠大神・九頭龍大神の社


天満宮御遺愛の石灯篭

梅丸大神の社

があり、一番北には、南に向かって社殿が建っています。

こじんまりした境内ですが、パワースポット特有の静けさや空気が漂っています。

梅丸大神

梅丸大神は、ガン封じやアトピーなどの皮膚疾患の平癒のご利益があるとされている末社です。

社殿の前には、平癒石があり、その石を撫でてから、患部を撫でると効果があるといわれています。

今のようなコロナ禍では、直接石に触るのはどうも…。

という方も多いと思います。

そんな方には、ガーゼ(初穂料500円)を使ってなでる方法もありますよ。

もともとは、本人が参拝できない場合に利用されていたのですが、今では感染対策のために利用する方も多いようです。

菅公御産湯の井

菅原院天満宮神社社殿と社務所の間にあるのが、菅公御産湯の井です。

菅原道真が産湯に用いたとされる井戸が、当時のまま現存しているそうです。

すごい!

今でも湧き続けている井戸の水は、ミネラル分が多くてとてもまろやかです。

参拝者用の給水所で、どなたでも利用できますので、菅原院天満宮神社ご参拝の時には、水筒を持参されるのがいいと思いますよ。

丑みくじ

社務所にある授与品でひときわ目を引くのは、とってもかわいい丑みくじです。

パステルカラーのコロンとしたフォルムの丑さんが行儀よく並んでる光景は、それだけで癒されます(^_-)-☆

 

この投稿をInstagramで見る

 

kitami masako(@kitamimasako)がシェアした投稿

源平咲きの梅

菅原院天満宮神社の梅は、1本の木に紅白の梅の花が咲く(源平咲き)という珍しい梅の木があります。

菅公御産湯の井のすぐそばにあるその梅の木、私が行ったときは、まだ5分咲きほどでしたが、白梅も紅梅も咲いていましたよ。

菅原院天満宮神社は、パワースポットでもあり、とっても落ち着く雰囲気のある神社でした。

京都御所周辺を散策される折には、菅原院天満宮神社にもどうぞお立ち寄りくださいね。

 

菅原院天満宮神社 基本情報

境内自由
拝観時間 7:00~19:00
菅原院天満宮神社公式サイト

アクセス
最寄り駅  市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅
バス   市バス「烏丸下立売」

バス・鉄道乗り換え案内

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました