六孫王神社 清和源氏の祖・源経基が龍神となった社

お寺と神社

京都の南、東寺から西へ少し歩いたところに、六孫王神社(ろくそんのうじんじゃ)があります。

春の桜、初夏の藤の花、紫陽花と訪れる人を楽しませてくれる六孫王神社は、1000年以上の歴史を持つ由緒ある社なのです。

今回は、六孫王神社の歴史と見どころを紹介します。

スポンサーリンク

六孫王神社の由緒

ご祭神(主祭神)

  • 六孫王大神
  • 天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)
  • 八幡大神

六孫王神社は、源経基の邸宅・八条邸の跡地に建てられたと伝わっています。

応和元年(961年)、経基が亡くなる際

「死後は龍神となり邸内の池に住み、子孫繁栄を祈る。だから、この地に私を葬りなさい」

と言い残しました。

そこで、経基の子・満仲は、父経基をこの地に埋葬します。

応和3年(963年)、埋葬地の前に建てられた社殿が、六孫王神社の始まりとされています。

現在、本殿の後方にある石の基壇は、経基が埋葬されている廟であると伝わっています。

六孫王神社

疑問その1:六孫王とは?

源経基は、清和天皇の六男であった貞純親王(さだずみしんのう)の長子として誕生した経基は、帝の六男であり、帝の孫であるということから「六孫王」という愛称がつけられています。

あの平将門を謀反の疑いありと、訴えたこともある経基は、文武に優れた武将でした。

実際に経基が生きていた時に「六孫王」と呼ばれていたという事実はないようですが、彼が祀られた社には、経基を偲んで「六孫王」の名が使われたのではないでしょうか。

疑問その2:なぜ六孫王神社が清和源氏の祖なの?

源氏とは、皇族がその身分を離れ、臣籍に下る(臣籍降下)ときに与えられる姓の1つです。

ちなみに、与えられる姓には「源」のほか「平」「藤原」「橘」などがあります。

清和源氏とは、清和天皇系で臣籍降下した人を指す言葉で、源経基は、初めて清和源氏となった人だったのです。

清和源氏としては、鎌倉幕府を開いた源頼朝と義経・範頼兄弟が有名ですね

六孫王神社の境内

六孫王神社は、八条通と壬生通りの西北角に位置しています。

一の鳥居をくぐると、30台分ほどの無料駐車場があり、その奥にある二の鳥居の向こうには、朱の灯籠が並ぶ風情ある景色が広がります。

境内中央にある神龍池にかかる橋は、「恋の架け橋」と呼ばれ、恋愛成就のご利益があるそうです。

源経基の龍神は、この池に住んでいるのですね。

本殿・拝殿

六孫王神社の本殿と拝殿は、室町時代から戦国時代にかけての戦乱の中で失われていましたが、江戸時代中期の元禄14年(1701年)に再建されています。

誕生水弁財天社

源経基は、子・満仲が誕生する際、邸に合った井戸の上に社を建て、琵琶湖・竹生島の弁財天を分霊をお祀りして安産祈願をしました。

この井戸は、満仲の産湯に使ったとされて、今でも「安産の水」として広く知られています。

1年に1度、6月13日には、弁財天がご開帳されます。

ちょうど紫陽花の美しい時期ですので、興味のある方はぜひ参拝してみてください。

陸弥稲荷神社

誕生水弁財天社の右隣にあるのが睦弥稲荷神社です。

小さな社の前には、朱の鳥居が連なっています。

初夏のころは、美しい新緑とのコントラストが素敵な景色を見せてくれます。

京都十六社朱印めぐり

六孫王神社は、京都十六社朱印めぐりの一社でもあります。

京都の由緒ある16の神社を巡拝する京都十六社朱印めぐりは、新年1月1日から2月15日の期間に行われていますので、ご朱印を集めている方は、一度参加してみてはいかがでしょう。

六孫王神社の花々

六孫王神社は、知る人ぞ知る桜の隠れた名所です。

二の鳥居から本殿にかけての参道両側には、桜の木が続いていて、満開になるとまさに桜のトンネル。

こじんまりとした境内は、桜色に染まります。

4月中旬から下旬になると、本殿横の藤の花と遅咲きの八重桜が参拝者を迎えてくれます。

6月は、紫陽花の季節。

鮮やかな青葉と色とりどりの紫陽花が素敵です。

春から初夏にかけての季節は、六孫王神社が最も華やかになりますので、参拝されるならぜひこの時期にお出かけになってください。

六孫王神社 基本情報

境内自由・参拝無料

六孫王神社公式webサイト http://www.rokunomiya.ecnet.jp/

最寄り駅

  • JR/近鉄京都線 京都駅下車 徒歩15分
  • 市バス 六孫王神社前 徒歩1分

バス・鉄道乗り換え案内 http://www.arukumachikyoto.jp/


お寺と神社京おぼえ
スポンサーリンク
小春

こんにちは、このブログを運営している小春です。
地元京都の素顔やおすすめ情報、歴史人物、季節や旧暦の行事、好きな本のことなどを、思うままに綴っています。
*おすすめの本や映画の記事は、sakuramochさんも書いていますよ*
温かな木漏れ日のようなほんわかした気分になっていただけるようなブログを目指します!
どうぞ楽しくお読みくださいね。

今日も小春日和で~京都あれこれ
タイトルとURLをコピーしました