『我、天命を覆す』若き安倍晴明が命を懸けて戦う姿にくぎ付け!

おすすめの本

結城光流さんと言えば『少年陰陽師』

晴明の孫が縦横無尽に戦う人気シリーズが思い浮かぶ方も多いことでしょう。

『少年陰陽師』での安倍晴明は、孫には「狸じじい」と言われる平安京最強の陰陽師です。

今回紹介する『我、天命を覆す』は、そんな晴明の若き頃を描いています。

向かうところ敵なしの成熟した安倍晴明となるまでには、どんな戦い、成長があったのか。

安倍晴明好きの方なら、一気読み間違いなしの本です。

『我、天命を覆す』 あらすじ

妖狐の子と噂されて、他人と一線を引いた日々を送る晴明。

人嫌いの晴明に平然と近づき、ずうずうしいくらい親し気に接する男がいます。

晴明と同じ陰陽寮にいる榎岦斎(えのきりゅうさい)です。

彼のしつこい誘いに根負けし、賀茂祭(葵祭)の見物に言った晴明は、暴走する牛車から姫を助けます。

その姫:橘の姫との出会いが、晴明の運命を大きく動かしていくのです。

異国の化け物に憑かれた橘の姫を助けるため、晴明は十二神将を式神として使役しようとしますが…。

この本の魅力

安倍晴明の伝説として有名な十二神将の式神がいかにして使役されたのか、神である十二神将がなぜ、安倍晴明の式神となったのか。

圧倒的な強さの十二神将と晴明の命を削るような戦いは、壮絶な心理戦を見ているようで息が詰まりそうでした。

人と妖との間に生まれた晴明の、葛藤やあきらめ、強い生命力。

若さゆえのやさぐれ感。

類まれな能力を秘めた晴明ですが、その力が発揮されるほどには成熟していません。

そんな危うい晴明を、危なっかしく見守る榎岦斎も魅力的です。

頼りがいがあって、神秘的な安倍晴明を描いた小説は多いのですが、まだまだ未完成でとげとげしく、悩み多き晴明は、とても新鮮で、心が躍ります。

新しい晴明像を体感したい方は、ぜひ読んでみてください。

この本は、もちろん続編があります。

私も現在読み進めているところですが、ますます面白くなっていますよ。

すでに『少年陰陽師』を読んでいる方にもおすすめです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました