新選組2番隊長永倉新八 隊内きっての剣客は最期まで武士の誇りを持っていた 

新選組

永倉新八は、新選組の中でも、沖田総司・斎藤一と並んで、剣の達人と言われた人です。

江戸っ子で情に篤く、その上めっぽう強い永倉新八は、新選組ファンの中でも人気が高く、多くの映像作品で有名な役者さんが演じていらっしゃいます。

とても魅力的で陽のイメージが強い(あくまで個人的な感想です)永倉ですが、明治維新以降は、賊軍として追われる時期もありました。

今回は、永倉新八の生涯を追いながら、明治・大正をどう生きたのか、新選組をどう思っていたのかなどについても、考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

生い立ち~試衛館へ

天保10年(1839年)4月11日

永倉新八は、松前藩江戸定府取次役・長倉勘次の次男として生まれました。

幼名は栄治。

ちなみに、永倉の本姓は、長倉と表記します。

とてもやんちゃな子で、親も持て余すほど。

そこで、武士の心得である剣術を習わせることにしました。

岡田利章の神道無念流道場「撃剣館」に入門したのは、栄治8歳の時です。

もともと筋が良いうえに、エネルギーが有り余っている栄治は、みるみる上達します。

入門から4年後に、師匠の岡田利章が亡くなった後は、岡田助右衛門に学び、15歳で切紙(剣術初段クラスの免状)、18歳で本目録を得ます。

栄治はこの年に元服し、新八と名乗るようになりました。

立派な剣士になった新八に一安心した両親でしたが、そうはうまく事が運びませんでした。

新八、脱藩する!

元服した翌年、新八は、脱藩してしまったのです。

理由は、剣術修行のため。

本来なら、脱藩というのは大変重い罪でしたが、武士の本文である剣を極めるという目的があったため、新八含め長倉家には、おとがめなしでした。

新八は、長倉から永倉の表記に改め、江戸本所亀沢町の百合元昇三の道場で剣を学び始めました。

この道場で4年間、剣の修業を続けた新八は、神道無念流免許皆伝を得ます。

一流の剣術使いとなったわけですが、これで満足しないところが新八です。

同門の市川宇八郎(のちの芳賀宜道)とともに、武者修行の旅に出たのです。

日本刀

関東一円の剣術道場の門をたたいて、剣を合わせ、新八はますます強くなっていきます。

再び江戸へ帰ったときには、江戸4大道場の1つと言われた練武館・心形刀流(しんぎょうとうりゅう)伊庭英業(伊庭八郎の父)の門人・坪内主馬に見込まれ、道場の師範代を務めるまでになりました。

新八は、この道場で、新選組の仲間となる島田魁と知り合いになっています。

関連記事

幕末の隻腕美剣士伊庭八郎とは?土方歳三との意外な関係も?

試衛館・近藤勇との出会い

やがて、新八は、天然理心流・試衛館の近藤勇と出会います。

どのようないきさつで新八が試衛館へ行ったのかは、わかっていません。

剣に関しては向上心の有り余っていた新八のことですから、有名な道場だけでなく、いろんな剣術道場に顔を出しているうちに、試衛館にたどり着いたのかもしれませんね。

土方歳三・沖田総司を筆頭に、個性豊かな面々がたむろしている試衛館は、新八の気性にあっていたのでしょう。

天然理心流の木刀

また、道場主の近藤勇のおおらかな性格にも魅かれ、いつのまにか新八は、試衛館の食客(居候兼師範兼助っ人)になっていました。

試衛館で世情を論じ、剣を交える日々の中、彼らに大きな転機が訪れます。

第14代将軍徳川家茂の上洛(京へ上ること)に伴い、警護のための浪士組が結成されるという情報が入ってきました。

浪士隊には、志のある者なら、だれでも応募できるというのです。

試衛館道場主の近藤・土方・井上源三郎は農家出身、新八を始め、沖田総司・原田左之助・山南敬助・藤堂平助は脱藩浪人。

確固たる身分のない彼らには願ってもない話でした。

彼らは、そろって浪士組に参加しました。


お気軽にコメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました