日本の暦 【雑節】社日の行事について

季節の行事

社日(しゃにち)は、春分と秋分に最も近い戊の日(つちのえのひ)を言い、産土神うぶすながみ(土地の神様)をお祀りする日とされています。

あまりなじみのない歴日ですが、知っていると楽しいですよ。

スポンサーリンク

社日の由来

社日を祝うという習慣は、中国にありました。

「社」は土地を守る神様・土の神様を意味し、「土」という意味がある「戌(つちのえ)」の日に豊作を祈願していました。

それが日本に伝わったところ、土地の神様を信仰するというもともとの日本の風習に合って、定着していきました。

春の社日の頃は、農作業の種まきの時期に当たるので、豊作を祈願する行事が行われます。

秋の社日の頃は、収穫時期に当たりますので、収穫を感謝する行事が行われるようになりました。

社日の行事

社日の行事は、各土地の神様をお祝いしますので、地域によってさまざまな形の行事が行われています。

例えば、

信州地方では「御社日様」と呼び、春と秋に社日詣でをします。

福岡の筥崎宮(こさきぐう)では「お潮井取り」という行事があります。

これは、筥崎宮の前の箱崎浜で真砂を集め、豊作を願って田畑にまいたり、家を建てるときに敷地を祓い清めたりします。

他に、

社日に「治聾酒(じろうしゅ)」というお酒を飲めば、耳の病気が治るという言い伝えもあります。

「治聾酒」と言っても、特別なお酒ではなく、社日に飲むお酒の事をそう呼ぶそうです。

それって、もしかしてお酒好きの人が言い訳しただけかも…。

ひとり言ですよ!

また社日は、土の神様をお祀りする日なので、

  • 土を触らない
  • 農作業をしない

などの風習が残っている地域もあります。

ところで…。

戊:つちのえって何?

危うくスルーしてしまうところでしたが、「戊:つちのえ」の日っていったい何でしょう。

戊とは、「十干(じゅっかん)」の1つなんです。

十干とは?

十干は、今から約1500年前の飛鳥時代に中国から伝わってきたもので、

甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)

の10種類あります。

「甲乙つけがたい」という言葉は、この十干からきています

この十干に「五行思想」とが結びつきました。

五行思想とは、簡単に言うと、

「この世のすべてのものは、木・火・土・金・水からできている」

という思想です。

これにまたまた

物事にはすべて「陽」と「陰」がある

と考えられている「陰陽思想」まで合体!

ここから…

日本では「陽」と「陰」を「兄」「弟」にみたてました。

昔の読み方の中で、兄・弟が性別にかかわらず上下の順番という意味で、「兄」を「え」「弟」を「と」と呼んでいたことから

「陽=え」「陰=と」

という読みが使われました。

なんかすごく複雑になってきましたが、全部まとめて表にするとこうなります。

甲(こう)木:き陽(兄):え 〈きのえ〉
乙(おつ)木:き陰(弟):と 〈きのと〉
丙(へい)火:ひ陽(兄):え 〈ひのえ〉
丁(てい)火:ひ陰(弟):と 〈ひのと〉
戊(ぼ)土:つち陽(兄):え 〈つちのえ〉
己(き)土:つち陰(弟):と 〈つちのと〉
庚(こう)金:か陽(兄):え 〈かのえ〉
辛(しん)金:か陰(弟):と 〈かのと〉
壬(じん)水:みず陽(兄):え 〈みずのえ〉
癸(き)水:みず陰(弟):と 〈みずのと〉

戊は「つちのえ」となり、土の性質を持っているとされているのです。

だから土地の神様をお祀りする日として、戊の日が選ばれたのです。

やっとゴールにたどり着きました。

十干は、十二支と結びついて、暦に使われているのですが、それはまたいつかゆっくりお話ししますね。

終わりに

今回は、【雑節】の1つ「社日」について、お話ししました。

だいぶん脱線してしまいましたが、十干も暦にはとても密接な関係がありますので、知っていた方が面白いですよ。

このように、日本の暦についてあれこれ調べていると、本当に奥が深く、日本の情緒ある風土にすごくつながっているのを感じます。

これからも、日本の古き良き風習や暦について、調べていきたいと思います。

またどうぞいらっしゃってくださいね。

 


お気軽にコメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました