1月7日は人日の節供  1年の無病息災を祈って七草がゆを食べましょう

旧暦と季節の行事

お正月休みも終わり、そろそろ仕事スイッチを入れなければ…でももう少しダラダラ。

だれしもそんな気分のころ。

1月7日は、五節供の1つ・人日(じんじつ)です。

一般的には、七草がゆの日として知られています。

昔からの風習を通して、気分一新して、けじめをつけて仕事始めしましょう。

スポンサーリンク

人日の節供とは?

節供は、奈良時代に中国から伝わってきた行事です。

日本に伝わり、独自に発展し、江戸時代には、今でいう祝日として「五節供」が制定されました。

明治になると「五節供」という祝日は無くなったのですが、すでに定着していた風習はそのまま残り、今に至っています。

今回紹介する人日の節供は、1月7日で、初めの五節供です。

なぜ7日なの?

節供が伝わってきた中国では、新年元日から順に動物などを当てはめた占いをしていました。

1日=鶏

2日=狗(いぬ)

3日=羊

4日=猪(豚)

5日=牛

6日=馬

そして7日は人を占いました。

犯罪者を罰しないなどの決まりごとがありました。

人を大切にする日で「人日」と呼ばれるようになったのです。

人日に七草がゆを食べるのはなぜ?

七草がゆの風習も、中国から伝わったものが元になっています。。

人日は、七種類の若菜を入れた汁ものを食し、1年間の無病息災を祈願する日とされていたのです。

また、もともと日本では、新年に若菜を摘む行事がありました。

それらとともに、

新年に御馳走を食べすぎて、疲れた胃を休ませるため、

新年に若菜をいただいてパワーをもらえるように

などの思いがこもって、今のような形になったと考えられます。

  • せり
  • なずな
  • ごぎょう
  • はこべら
  • ほとけのざ
  • すずな(蕪)
  • すずしろ(大根)

7日が近づいてくると、スーパーなどでも七草がセットになって販売されています。

わが家では、鏡割りをしたお餅を入れた七草がゆを食べていますが、あなたのおうちではどうですか?

白馬の節会

日本では、1月7日の行事として「白馬の節会(あおうまのせちえ)」という行事がありました。

これは、天皇が御所・豊楽殿(のちに紫宸殿)にご出座され、邪気を払うとされていた白馬を観覧されて、その後臣下とともに宴を催されるという宮中行事でした。

この行事が始まったころは、黒い馬が使われ、中でもほかの馬よりも青みがかかった馬が使われていたことから、「青馬」という呼び方が残っているそうです。

白馬の節会は、今でも京都・上賀茂神社などの行事として残っています。

終わりに

今回は、五節供の1つ・人日の節供を紹介しました。

今では、人日という言葉を知る方は少なくなりましたが、1月7日は、七草がゆの日として定着しています。

人をいたわり、健康を祈願する昔ながらの行事として、これからも残り続けてほしいと思います。


タイトルとURLをコピーしました