鎌倉幕府を守った女性 尼将軍・北条政子 波乱万丈の生涯とは?

歴史人物

鎌倉幕府を開いた源頼朝の正室・北条政子

あなたは、北条政子にどんなイメージを持っていますか?

悪女、烈女、嫉妬深い…。

どちらかと言えば、負のイメージが強いのではないでしょうか。

私も「北条政子ってちょっと強烈な女性やな」という風に思っていました。

ですが、調べてみるとまた違った北条政子が見えてきました。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、小池栄子さんが演じる北条政子

本当はどんな女性だったのでしょうか。

スポンサーリンク

北条政子の生涯  ~御台所として

政子が北条時政の長女として生まれた保元2年(1157年)は、「保元の乱」翌年でした。

崇徳上皇と後白河天皇の争いに、源氏と平家の一族がそれぞれ両派に分かれて戦った戦で、勝ったのは後白河天皇、味方に付いていたのは、平清盛と源義朝でした。

平治元年(1159年)には、平清盛と源義朝が戦い、平清盛が勝利します(平治の乱)

源義朝は殺され、嫡男の頼朝は伊豆に流されました

源頼朝が流された蛭ヶ小島

頼朝の監視役となったのが、北条時政

時政の娘・政子はいつのころからか頼朝と恋仲になっていきます。

2人の中を知った北条時政は、平家へ知られることを恐れ、反対をしていました。

平家ゆかりの男性のもとへ、政子を嫁がせようとしますが、政子は抵抗したといいます。

そうこうするうちに、政子が頼朝との間に子を授かったこともあり、時政は2人の結婚を認めました。

授かり婚!

やがて、政子は長女大姫(おおひめ)を産みました。

頼朝挙兵

治承4年(1180年)

都で平家打倒の戦いが始まりました。

頼朝も挙兵し、一度は惨敗しますが、北条時政とともに安房国(現・千葉県南部)に逃れて再度挙兵しました。

東国の武士たちは、続々と頼朝のもとに集まり、頼朝は、源氏ゆかりの鎌倉へ入り、各地で勝利を収めてゆきます。

今の鎌倉市街

鎌倉に居を定めた頼朝は「鎌倉殿」と呼ばれ政子は「御台所」と呼ばれるようになりました。

御台所・政子は、長男の頼家を出産します。

寿永2年(1183年)には、長女の大姫が、頼朝と対立していた源義仲との和睦の条件という形で義仲の息子・義高と婚約します。

義高11歳、大姫6歳という幼い夫婦でしたが、大姫は義高を慕うようになります。

この時期の政子は、母として幸せな日々を過ごしていたと考えられます。

しかし、この暮らしは長く続きませんでした。

元暦元年(1184年)

頼朝は、先に入京しながら、平家に負け、後白河法皇とも対立してしまった義仲を討伐しました

鎌倉にいた義高も攻められますが、大姫が鎌倉から脱出させます。

ですが、逃げ切ることはできず、殺されてしまいました。

大姫は悲嘆のあまり、重い心の病になってしまったのです。

政子は、大姫の快癒を祈願し、寺社に参詣しましたが、大姫が立ち直ることはありませんでした。

 

鎌倉幕府成立

頼朝は、その後も弟の源範頼、義経とともに平家と戦い続けます

元暦2年(1185年)

壇ノ浦の戦いで平家が滅亡すると、頼朝は鎌倉において実質的な幕府を開きました。

鎌倉幕府跡地

頼朝の力が強くなることを恐れた後白河法皇は、源義経に頼朝追討を命じますが、義経は敗れました。

文治2年(1186年)

義経の愛妾・静御前が捕らえられ、鎌倉へ送られます。

頼朝の命により、しぶしぶ舞を披露した静御前は、義経を慕う歌を歌いながら舞を舞いました。

それに激怒した頼朝に、政子は、頼朝と出会ったころのことや頼朝が挙兵していた時に不安の中で待っていた日々のことを話しました。

私のあの時の愁いは、今の静の心と同じです。義経の多年の愛を忘れて、恋慕しなければ貞女ではありません

政子の言葉に、頼朝は怒りを鎮め、静に褒美を与えました。

静は、その後義経の子・男子を産みます。

頼朝は、女子なら助けるが、男子なら殺すよう命じていたのですが、政子は子の助命を願いました。

しかしこの願いは聞き届けられませんでした。

政子は、静を憐れみ、京へ帰る彼女に多くの重宝を持たせました。

このころ政子は、次女三幡(さんまん)をお腹に宿していたこともあり、同じ母として静の悲しみを受け止めていたのかもしれません。

 


お気軽にコメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました