「鷺森神社」縁結びのパワースポットは紅葉の穴場です!

お寺と神社
flickr:Keiko Shih

修学院・一乗寺付近には、風情ある社寺が点在しています。

その1つである鷺森神社も、趣深い神社です。

ですが、あまり観光客の方は見かけない、いわば穴場スポットとなっています。

今回は、特に紅葉シーズンには素晴らしい景色が見られる鷺森神社を紹介します。

スポンサーリンク

鷺森神社の由緒

鷺森神社の創建は、今から約1000年前の貞観年間(859~877年)をされています。

  • 御祭神  素戔嗚尊(すさのおのみこと)
  • 御神号  鬚咫天王(すだてんのう・しゅだてんのう)
  • 御神徳  家内安全・諸願成就・旅行安全・恋愛成就など

鷺森神社は、はじめ比叡山麓の赤山明神付近にお祀りされていました。

しかし、応仁の乱で罹災し、現在の修学院離宮の山林中に移されました。

その後、修学院離宮の造営に当たり、霊元天皇の思し召しにより、現在の場所に社地を賜ります。

元禄2年(1689年)6月のご遷座、修学院・山端の氏神社となりました。

鷺森神社の写真素材

境内の見どころ

鷺森神社は、比較的小規模な神社ですが、最近では縁結び・恋愛成就のパワースポットとして注目されつつあります。

燃えるような紅葉のトンネル

境内西にある石鳥居には素戔嗚尊の御神号である鬚咫天王と書かれた扁額がかかっています。

そこからの参道は、桜の木も多く春も美しいのですが、何といっても秋の紅葉が素晴らしいです。

もみじや楓の他にも多くの樹木が植わり、まさにもみじのトンネルをくぐるような美しさです。

鷺森神社の紅葉写真素材

地元ではよく知られた紅葉の名所ですが、まだ有名ではなく、人も少ないのでゆっくりと紅葉を楽しみたい方にはおすすめです。

拝殿

南向きの拝殿は、小規模ながら由緒深さを感じさせる清らかなたたずまいです。

毎年5月5日に行われる鷺森神社の神幸祭(さんよれ祭)では、菅笠に紅たすきをかけた着物姿の小学生男児が「サンヨレ、サンヨレ」という掛け声とともに練り歩く情緒豊かな光景が見られます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tomosienne0024がシェアした投稿

縁結びの石・八重垣

拝殿の手前右側にあるのは、縁結びの霊石:八重垣です。

この石に触れて祈ると、悪縁を切り、良縁を結ぶことができるとされています。

鷺森神社の写真素材

御幸橋

境内の南には、宮川という小さな川があり、そこに掛けられているのが、御幸橋です。

その昔、後水尾上皇や霊元天皇も行幸された御下賜の橋です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

katsuzin(@katsuzin13)がシェアした投稿

御幸橋の周辺も樹々が美しく紅葉し、見事な景色が見られます。

御幸橋を渡って南の参道を抜けると、曼殊院道に出ます。

そこから西へ行けば曼殊院なので、鷺森神社→曼殊院は、紅葉のおすすめコースとなっています。

鷺森神社 基本情報

境内自由・拝観自由

アクセス
叡山電車 「修学院」駅下車 徒歩6分
市バス  「修学院道」下車 徒歩6分バス・鉄道乗り換え案内

 


お気軽にコメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました