会津藩主・松平容保 孝明天皇の信頼を受け誠と義を貫いた生涯

幕末~

幕末の京にあり、ひたすら幕府への忠義を通したばかりに、悲劇的な最期を迎えることになってしまった会津藩

藩主の松平容保は、貴公子のようなその容貌からは、考えられないほどの苦悩を抱え続ける日々を送りました。

旧幕府軍についた藩の中でも、特に注目されて来た会津藩、そして会津藩主・松平容保とは、どんな人物だったのか。

幕末の動乱の中、松平容保は何を考え、どんな行動をとっていたのでしょうか。

今回は、松平容保の生涯を追ってみましょう。

松平容保の生い立ち

天保6年(1835年)12月29日

松平容保は、江戸の高須藩邸で高須藩主・松平義建の六男として誕生しました。

水戸藩初代藩主・徳川頼房の子孫にあたります。

すぐ下の弟は、のち桑名藩主となる松平定敬(さだあき)です。

会津家の養子となる

弘化3年(1846年)

容保は、叔父の会津藩主・松平容敬(かたたか)の養子となりました。

容保が会津松平家上屋敷へ迎えられた時には、彼の貴公子のような美しい容貌に、藩士や婦女子が騒いだそうです。

容保は、会津藩の家風に基づいた教育を受けます。

それは、「義」と「理」の精神、会津家家訓による徳川家への忠勤を絶対としたもので、その後の容保の行動に大きく影響を与えています。

会津藩家訓

会津藩藩祖・保科正之が58歳の時に作成した会津藩士の精神的な規範

第一条で、会津藩の立場や藩主・藩士のあり方を示しています。

大君の儀、一心大切に忠勤に存すべく、他国の例をもって自ら拠るべからず。若し二心を懐かば、すなわち、我が子孫にあらず 面々決して従うべからず。           「会津藩家訓第一条」

将軍家にはひたすら忠誠を誓いなさい。他藩を見て判断するな。もし藩主が、この教えに背いて徳川将軍に逆意を抱くようであれば、それはわが子孫ではないから、家臣はそのような主君には決して従うな)

徳川家が絶対的な力を持っている時代には、この家訓に従うことが藩のためにも良かったのでしょう。

しかし、まさにこの一条が、幕末・戊辰戦争による会津藩の悲劇をもたらしたとも言えます。

 

容保 会津藩主になる

嘉永5年(1852年)2月10日

藩主・容敬が亡くなったため、容保は家督を継ぎ、会津藩主・肥後守となります。

万延元年(1860年)

桜田門外の変により、水戸脱藩浪士たちにより井伊直弼が暗殺されます。

桜田門

老中たちは、尾張徳川藩と紀伊徳川藩に対し、水戸家討伐の兵を出す命令を出そうとしました。

容保は、「徳川御三家同士の争いなどあってはならぬ」と幕府と水戸藩の朝廷に奔走します。

結果、血を流すことなく解決しています。

京都守護職就任

文久2年(1862年)5月

京都守護職への任命を打診されます。

しかし、容保はこれを固辞しました。

このころ、容保は病がちで、このような重い任務を果たす自信がないと、何度も断ります。

容保が、慣れない京都での任務に自信がないというのも本当だったと思いますが、これには会津藩の財政難も影響していたようです。

幕末の頃、一部の藩をのぞいて、財政の苦しい藩がほとんどでした。
会津藩もそれにもれず、もし藩主が会津から遠く離れた京都で任務に就くとなれば、常駐する藩士も少なくありません。
彼らを京都で養うための貯えが乏しかったようです。

しかし、幕臣や政事総裁職・松平春嶽らは毎日のように容保のもとを訪ね、就任の受け入れを願います。

それでも断る容保に、彼らは会津藩家訓を持ち出したのです。

「藩祖・保科正之公なら、どうされますでしょう」

詰め寄られた容保には、断ることはもうできませんでした。

これを聞いた会津藩家老の西郷頼母らが急いで江戸へ出てきて、京都守護職就任を断るように容保に願います。

容保の覚悟はすでに決まっていました。

「わが藩には、宗家(徳川家)とともに盛衰存亡すべしという藩祖公の家訓がある。私自身は不肖ではあるが、宗家への恩を忘れたことはない。だが、この重責を受けるならば、我ら君臣の心が一致しなければやり遂げられないだろう。どうか私に従ってほしい」

容保の言葉を受けた家臣は「ともに京を死に場所としよう」と、容保とともに涙したと言います。

容保 上洛する

文久2年(1862年)12月24日

容保は、会津藩兵を率いて上洛しました。

京都守護職の本陣となる黒谷金戒光明寺までの道中、多くの京の人々が道の両側で会津藩の行列を見守りました。

その規律正しさに京の人々は好感を持ったそうです。

文久3年(1863年)1月2日

容保は、御所に参内し、孝明天皇に拝謁し、天杯と緋の御衣を賜りました

2月に入ると、容保は具体的な行動を始めます。

京は、過激な攘夷派浪士が横行する危険な町となっていたため、治安維持のため、市中巡回の制度を作りました。

脅迫や暗殺といった過激な手段を取る浪士たちに対し、幕府は取り締まり強化・逮捕させようとします。

しかし容保は、浪士が騒ぐのは、意見が幕府へ通じないからだと考えました。

「国事に関する意見があれば、大小を問わず申し出よ。その内容は関白を通じて天皇を奉じる」

という布告を出したのです。

幕府側はこの容保のやり方に「勝手にしろ」とあしらいますが、容保は「言路同開」が浪士を鎮める良策だと言っています。

言路同開(げんろどうかい)

君主や上にある者が広く意見を受け入れ、検討すること

これ以後も、会津藩は規律正しく治安維持を進めてゆきます

しかし、浪士たちは様々な策により、暗殺・脅迫を続けます。

たまりかねた会津藩士はある時、容保に進言しました。

「今は、策謀がめぐる混乱の時です。こちらも策を弄して取り締まりましょう」

容保は、

「策は用いるな。最後には必ず一途な誠意・忠義が勝つ」

と、家臣をいさめました。

また容保は、家臣の勤めに不備があったときや民衆からの訴えがあったときも、すべて自分の不肖のせいだとして、家臣を責めませんでした。

家臣たちも次第に容保にならい、真摯に職責のまっとうに尽くしたと言います。

新選組 会津藩お預かりとなる

文久3年(1863年)3月

将軍警護のため江戸から上洛したものの、再び江戸へ帰った浪士組を抜け、京に残留し、壬生村に滞在していた、近藤勇・芹沢鴨ら17名(23名とも)の浪士から嘆願書が提出されました。

容保は、彼らを会津藩お預かりとして、京都市中の治安維持に当たらせます。

これが壬生浪士組、のちの新選組でした。

以後新選組は、会津藩と命運を共にします。

京にいたある老人の話が残っています。

京都守護職の容保のことを、京の人々は「会津中将さん」と呼んでいました。男が見てもほれぼれするような美男子で、黒谷さん(金戒光明寺)から御所へおいでになる姿を見たことがあります。

真っ白な馬にお乗りになり、真っ赤な陣羽織を着て、鳥烏帽子をかぶり、槍を担いだ新選組を従えておられました。馬の口は近藤勇が取り、右手に例の虎徹を抜き身でもっていました。・・・。

新選組が、容保の護衛をすることもあったのですね。

近藤勇の誇らしい表情が見えてきそうです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました