「鬼の副長」と呼ばれた土方歳三の生涯  多摩から江戸そして京へ

新撰組 土方歳三新選組

幕府が終焉を迎える直前、突然現れて最後まで幕府のために戦った集団『新選組』

新選組は、幕末に登場する多くの歴史人物の中でも少し特異な集団です。

当時には珍しく身分にかかわらず入隊を許された、早くから外国の軍隊体制を取り入れていた、隊士の給料が月給制だったなどなど。

なにより決められたルールを破ったら、切腹!という戦慄の掟があったことです。

その新選組の要となっていたのが、副長の土方歳三です。

鉄の掟を守らせ、顔色一つ変えずに隊士を切腹させる…「鬼の副長」と恐れられた土方歳三。

今回は、新選組副長として最期まで武士らしく戦い続けた土方歳三の生涯:多摩時代から江戸へ、そして京へ上るまでを追ってみたいと思います。

新撰組 土方歳三

田本健三 / パブリックドメイン

先にお断りいたしますが、40年以上前からの新選組ファン(特に土方歳三)のため、大いに私見が入るため、ちょっとドラマティックな記事になるかもです。

歴史が得意でない人も楽しく読めると思いますのでどうぞご期待?くださいね。

土方歳三の生い立ち 多摩から江戸へ

天保6年(1835年)

土方歳三は、武蔵野国多摩郡石田村(現在の東京都日野市)の豪農土方家の末っ子として生まれました

父は土方隼人義諄(よしあつ)、母は恵津といいます。

長男為次郎・次男喜六・三男周・四男大作・長女のぶ、そして歳三です。

歳三は、父が生まれる前の2月に亡くなっているため、その存在は知らないまま育ちます。

また母恵津も歳三が6歳の時に亡くなっています。

そのため年の離れた兄喜六夫婦が親代わりとなりました。

幼いころに父母とも亡くしてしまった歳三は、親からの愛情というものを十分に受けることはできなかったのではないでしょうか。

長男の為次郎は盲目だったため、次男の喜六が家督を継いでいます

歳三の生まれ育った多摩石田村は、天領でした。

天領とは、藩に属さず、直接幕府が管理している土地のようなものです。

そのため、権力支配が比較的緩やかで、農民の自治がある程度認められた自由の多い地域でした。

幕府に対する忠誠心も強い土地でした。

同じく多摩に生まれ育った近藤勇や井上源三郎も幕府への親近感、忠誠心は強かったのではないでしょうか。

新選組の生き方は、近藤勇や歳三たちの育った環境が大きく影響しているのかもしれません。

歳三 初めての奉公に行く

弘化2年(1845年)

歳三は11歳の時、江戸の伊藤松坂屋呉服店へ丁稚奉公に行きます。

そこは現在の松坂屋の前身であるほどの大店で、奉公先としてはとても恵まれています。

今でいえば、エリートコースまっしぐらというところです。

でも歳三、たった1年で家へ戻ってきました。

店の番頭にひどく叱られて、拳骨で頭をたたかれ、番頭に食って掛かりました。あげく辛抱たまらんと、さっさと店を出てしまったのです。

そして、石田村まで9里(約35㎞)をてくてくと帰ってきました。

驚いた喜六は、おそらくもう一度店に戻るように歳三を説得したことでしょう。

でも歳三は聞きません。

頑固なのか、わがままなのか。

先が思いやられます。

イケメン着物

歳三は、さすがに実家の居心地が悪かったのか、その後はすぐ上の姉のぶの嫁ぎ先佐藤彦五郎宅にいることが多かったようです。

歳三 奉公再挑戦!

嘉永4年(1851年)

あれから5年余り、17歳になった歳三は、再び丁稚奉公に行きます。

今度は落ち着けるのか。

奉公先は、日本橋大伝馬町の呉服屋、松坂屋の支店でした。

歳三は、物差しの扱い方がうまかったという話が伝わっているそうですが、残念ながらというかやはりというか、今回も長続きしませんでした。

この時は女性が原因です。

数年後には

なかなかの美男子で評判だった       『新選組始末記』より

という歳三を江戸の娘が放っておきません。

イケメン着物

 

奉公先の女中と関係を持ってしまった歳三、すっかり夢中になって結婚まで考えていたといいます。

でも常々世話になっていた義兄佐藤彦五郎に相談すると、大反対の上こっぴどく叱られて、説教をされてしまいました。

歳三自身も己の未熟さに気づいたのか、その後自分で相手の女性のところへ行って、きっちりとケリをつけています

2度目の奉公もこれでおしまい、再び家へ戻ってきました。

土方家のお荷物のようになってしまった歳三は、いよいよ居づらくなったはず。

母代わりとして歳三をかわいがってくれた姉のぶの佐藤家へ入りびたることがどんどん多くなってきました。

歳三に転機が訪れる!

ぶらぶらしているのも芸がないと、歳三は実家の秘伝石田散薬を売り歩くようになります。

薬の行商は、歳三の性格に合っていたのか、今回は長続きしているようです。

このころは後年「鬼」といわれた歳三とはかけ離れた顔を見せていました。

女のようなもの優しい顔で(中略)その頃は如才ない愛嬌者だったので、どこでも親切に扱ってくれた。

新選組として活躍していた時に、噂が村へ聞こえると、「あんな優しい男がなァ」と信じない者さえあった。              『新選組始末記』より

やっと落ち着いてきた歳三に義兄の彦五郎が剣術を勧めます。

土方家と同じように豪農の佐藤家には、剣術道場がありました。

この数年前、日野宿に大火が出て佐藤家も類焼し、その際刀を持った乱心者が彦五郎の祖母を殺したという悲劇が起こっています。

彦五郎は、この事件で自分たちの身は自分たちで守らなけらばならないと強く思い、自宅に道場を作り、剣術を始めます。

歳三は、次第に剣術に熱中していきました。

歳三が励んだ剣術それが「天然理心流」でした。

佐藤家の道場へは、天然理心流の道場「試衛館」から島崎勝太(のちの近藤勇)が来ることもあり、歳三とはここで知り合ったと考えられます。

勝太は、武蔵国多摩郡上石原村の農家、宮川久次郎の三男です。

天然理心流「試衛館」道場主周助に見込まれて養子となり、入門から8か月余りで目録を授けられるほどの実力がありました。

自分よりたった1才上の勝太を見て、歳三は何を思っていたのでしょう。

歳三の生家(現在は土方歳三資料館)には、今でも歳三が植えたという矢竹があります。

矢竹は、武士がたしなみとして自分の屋敷に好んで植えたといわれています。

いずれ武士になりたいという当時ではとてもかなわない夢を、歳三は思い描いていたのでしょうか

天然理心流との出会い、勝太との出会いがまだ何者にもなれていない歳三の心を波立たせていきました。

歳三、お見合いする

嘉永6年(1853年)頃

歳三は、長兄の為次郎からお琴という女性を紹介されます。

為次郎は長男でしたが、盲目だったため家督を継ぐことはなく、三味線や浄瑠璃、俳句をたしなみ、佐藤彦五郎宅へもよく訪ねていたということです。

歳三が俳句をたしなむのは、為次郎の影響があったのではとも言われています。

為次郎は「目が不自由でなければ、畳の上では死ねない」だろうといわれるほどの豪胆な人で、増水して足止めを食らっている人々をしり目に、さっさと泳いで渡ったという逸話も残っています。

「目が見えるというのは不自由だな、俺は見えないおかげで怖くもなんともない」なんて言ったらしいですよ。

剛毅な人。

でも雷だけは大嫌い、雷が鳴りだすと頭から布団をかぶって寝てしまったそうです。

ちょっとかわいい。

そんな兄が探してきてくれたお琴さんとはどんな人だったんでしょうか。

お琴さんは、為次郎が出入りしている三味線屋の一人娘で、器量も気立てもよく、三味線の腕もなかなか。

歳三とは、家格もちょうど釣り合う、最適の相手でした。

歳三自身はどう想っていたのかはわかりませんが、しばらくはお付き合いしていたようです。

大河ドラマ『新撰組!!』では、栗塚旭さんが為次郎を演じておられました

山本耕史演じる歳三とのシーンでは、「平成と昭和の土方が並んでるぅ!」とひとりでテンションが上がりました。

ちなみにお琴さんは田丸麻紀さんが演じていました。

この縁談は、婚約まで進みましたが、歳三が

「俺は武士になりたい。だから当分は身を固める気はない。この話はなかったことにしてくれ」(的な感じじゃないかな?)

と言ったためにご破算になってしまいました。

多摩に伝わる歳三の姿

歳三が多摩にいたころは、新選組時代からは想像もできないような気さくで心優しい一面のある人でした。

地元に残る逸話をいくつか紹介します。

佐藤家での餅つき

佐藤家では、毎年大みそかに餅つきをしていました。

歳三も参加するのですが、ふざけて踊るようについたり、わざとつき損ねたり、ちょっとエッチなポーズをとってみたりと、サービス満点

周りに人達は大笑いだったそうです。

そのくせ、お餅を食べるときは何もなかったかのように黙々と食べるので、それがまた面白いと笑いを誘う。

主っとしたイケメンがそんなことをすると一層楽しく感じますよね。

(私だけ?)

熱いお風呂が大好き!

歳三は熱いお風呂が大好きだったそうです。

自分だけが楽しむならいいのですが、兄喜六の長男作助を捕まえては、その熱い風呂に放り込んで「このくらい熱い湯に入れなければ偉い人にはなれないぞ!」と言っていたとか。

作助君にはいい迷惑です。

また歳三は、お風呂から上がるとふんどし姿のまま大黒柱にどんどんと力いっぱい張り手をすることも多かったそうです

その大黒柱は今も健在!土方歳三資料館の入り口に置かれています。

 イケメン歳三はやっぱりおしゃれ

歳三は、天然理心流の出稽古で胴着をつけるとき、赤い面紐を長く垂らしていたという話が伝わっています。

剣術をするときの後ろ姿まで気を配る、まさにおしゃれ剣士ですね。

そりゃあモテる。

天然理心流

天然理心流の稽古に励みながら、家業の薬も行商。

そんな暮らしがどのくらい続いたのでしょうか。

そろそろ江戸試衛館へ参りましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました