戦国一の美女を言われた細川ガラシャの生涯とは?逸話から見るガラシャとは?

細川忠興とガラシャ戦国時代

戦国の世に翻弄された細川ガラシャ。

その美貌と壮絶な最期に悲劇の女性と言われることが多いですが、実際はどうなのでしょうか?

今日は、細川ガラシャの生涯をわかりやすく解説いたします

ガラシャが登場する作品などについても紹介します。

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」にも登場するであろう細川ガラシャをもっと知ってくださいね。

細川ガラシャ、明智家に生まれる

1563年

ガラシャは明智光秀と正室煕子の間の3女として生まれました。(次女という説もあります)

名は、玉(珠)または玉子(珠子)と言います。

幼い頃から、その美貌は輝くように美しかったという事です。

1578年

父の主君であった織田信長の発案により、玉は15歳で細川藤孝の嫡男細川忠興の元に嫁ぎます。

美男美女で似合いのカップルだった二人は、夫婦仲も良く、輿入れの翌年には長女(ちょう)が、その翌年には長男(忠隆)が生まれています。

玉の運命が翻弄される

1582年:本能寺の変

父明智光秀が織田信長を討ちます。

これにより、玉は「謀反人の娘」となってしまいます。

本来なら、細川家より離縁されるはずでしたが、忠興の玉への愛情がよほど深かったのか、離縁はされませんでした。

しかし、謀反人の娘におとがめなしという事はできませんでした。

そこで忠興は、玉を丹後の国の味土野(みどの:今の京都府京丹後市弥栄町)に幽閉しました。

玉が幽閉されている間も、2人の子をもうけていますので、忠興は時折たまに会いに来ていたようですが、今までとは全く違う環境の中です。

突然何のゆかりもない土地へ閉じ込められた玉、傷心の玉を支えたのは、輿入れの時から従っていた侍女たちでした。

その中には、この先玉の人生に大きくかかわってくる清原マリア(細川家の親戚筋にあたる)もいました。

玉、キリスト教に出会う

1584年

信長の死後、実権を握った豊臣秀吉のとりなしで、玉の幽閉は解かれ、大阪の屋敷に戻されました。

しかし、大阪に戻っても監視の目が厳しく、玉の心は癒されません。

そして次第に忠興への愛情が冷めていきました。

2年もの長い幽閉生活を強いられたことと、異常なほどの愛情と束縛が原因だったと思われます。

この頃に玉は忠興からキリシタン大名高山右近の話を聞きます

幽閉時代に心の支えだった清原マリアらとの触れ合いの中、キリスト教の教えに魅かれていた玉は、一層キリスト教に興味を抱くようになります。

1586年

忠興が九州征伐へ行っている間に、初めて教会を訪れます。

この日教会では、復活祭の説教を行っていました。

玉は、日本人修道士に様々な質問をしています。

修道士は後に

「これほど明晰かつ果敢な判断ができる日本の女性と話したことはなかった」

と言っています。

玉は、その場で洗礼を望みましたが、教会側は、玉が高い身分の女性であると思われたために、洗礼は見合されました。

この頃に豊臣秀吉がキリスト教弾圧を始めていたためでした。

九州から帰ってきた忠興は、玉の行動に激怒し、キリスト教を辞めるように命じましたが、玉は頑として聞き入れませんでした。

玉の頑なな態度に、忠興の態度は冷たくなっていきます。

その反面、玉に対して「五人の側室を持つ」と言い出したり、監視の目を強めたり、異常な束縛は続きます。

玉は、離婚を考えますが、キリスト教では離婚が認められていないこともあり、宣教師に説得されて諦めています。

外出がままならない玉は、清原マリアたちを密かに教会に通わせ、洗礼を受けさせます。

1587年

秀吉が「バテレン追放令」を出すと、大阪にいた宣教師は九州へ逃れることになりました。

宣教師たちが大阪にいる間に、清原マリアを通じて洗礼を受けました。

洗礼名ガラシャは、ラテン語で神の恵みという意味です。

ガラシャ、壮絶な最期を遂げる

1600年:関ヶ原の戦い

豊臣秀吉亡き後、徳川家康と石田三成の覇権争いが激しくなってきます。

そして、世にいう関ヶ原の合戦!

西軍の石田三成は、大阪にいる徳川方の大名の妻たちを人質に取ろうとします。

徳川の東軍についた細川家もそのターゲットになりました。

三成は、ガラシャにも人質になるように要求しますが、ガラシャはそれを拒否します。

そのため、三成は実力行使に出ます。

光成方の軍勢に屋敷を囲まれたことを知ると、ガラシャは、夫が常々家臣に言っていた

「妻の名誉に危険が生じたならば、妻を殺し、全員切腹するように」

という言葉に従います。

自殺が禁じられているキリシタンであるガラシャは、侍女や他の女たちを逃がした後、家臣小笠原秀清に介錯を頼み、壮絶な最期を遂げました。

ガラシャの死後、小笠原秀清も屋敷に爆薬を仕掛け、ガラシャの遺体を残さないようにして自刃しました。

ガラシャの壮絶な最期に石田方は驚いて、その後人質を取るのを諦めました。

ガラシャの辞世の句

「散りぬべく 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」

(花も人も散るときを心得ているからこそ 美しいのです)

覚悟の死、とでもいうのでしょうか。

運命に翻弄されたか弱き女性という姿はみじんも見えません。

ガラシャの意思の強さ、芯の強さが感じられる句です。

忠興は、ガラシャが亡くなった後、嫡男の妻は逃げて生き残ったことに腹を立て、嫡男忠隆と離縁するようにに迫っています。

ガラシャが死んでもなお、過剰な愛を貫いた忠興は、最後まで拒んでいたキリシタンガラシャをも受け入れました。

1601年、ガラシャの教会葬を依頼し、参列までしていました

ガラシャのお墓はどこに?

ガラシャのお墓は、以下の3か所にあります。

大徳寺高桐院(京都市北区):細川忠興が開いた寺院

 

崇禅寺(大阪市東淀川区):細川家の菩提寺

 

この投稿をInstagramで見る

 

#大阪カテドラル聖マリア大聖堂 #玉造 10連休最終日、来年の大河ドラマに備え、細川ガラシャに会いに行って来ました。 信者では無いので、教会に来る事も無いのですが、信者で無くても見学可、との事でしたので、堂内を見学させて頂きました。 すぐ近くには、越中井戸があります。細川忠興の屋敷の台所があった場所で、細川ガラシャの最期の地、と言われています。石碑の表題は、徳富蘇峰の筆だそうです。 歴史を感じる場所でした。 #玉造教会 #細川ガラシャ #高山右近 #カトリック教会 #ステンドグラス #越中井 #徳富蘇峰 #麒麟がくる #大阪 #森ノ宮

Hiroo Minamiさん(@minamihiroo)がシェアした投稿 –

 

秦勝寺(熊本市):熊本城主になったガラシャの息子忠利により建てられた寺院


コメント

タイトルとURLをコピーしました