明智光秀の生涯とは?逸話から見る人物像と光秀ゆかりの京都も紹介!

明智光秀像戦国時代

2020年の大河ドラマは「麒麟がくる」明智光秀の登場です。

明智光秀と言えば、まず初めに思い浮かぶのは、「本能寺の変」ですね。

本能寺にいた主君織田信長を討った謀反人という印象が強い人物です。

でも大河ドラマの主人公に選ばれたことで、ひそかに明智光秀ブームも起こり、改めて明智光秀という人を見直してみようという人が増えてきました。

そこで今回は、明智光秀の生涯や人物像について、あまり歴史に詳しくない人にもわかりやすく逸話も交えながら紹介します。

ぜひ最後まで読んでいただき、来たる2020年大河ドラマ「麒麟がくる」の予習をしましょうね。

明智光秀の生涯を年表で紹介

明智光秀の前半生はあまり詳しくわかっていません。

誕生年だけでも、1516年・1526年・1528年・1540年の4つの説があるくらいです。

こちらでは、通説とされる1528年誕生説をとります。

光秀の生い立ち

1528年

光秀は、美濃の国(現在の岐阜県南部地域)の斎藤道三の家臣だった名門の土岐氏の一族、明智氏の子として生まれました。

父は、明智光綱(みつつな)母は、お牧の方です。

光秀は、幼い時から頭が良くて、真面目だったと言われています。

1535年

父が亡くなったために光秀が家督を相続。父の弟明智城主の明智光安(みつやす)が後見となります。

1556年

斎藤道三とその子義龍(よしたつ)の争いがおこり、道三についていた光秀は、義龍に攻撃され、一族はほとんど滅ぼされ、光秀も城を追われ、浪人になってしまいました。

その後光秀は、仕官先を探して各地を放浪しながら、鉄砲術や和歌を学びます。

それが功を奏し、この後越前の国(福井県嶺北)朝倉義景(よしかげ)に召し抱えられます。

光秀、足利義昭と出会う

1565年

13代将軍足利義輝(よしてる)が松永久秀(ひさひで)と三好三人衆によって暗殺されます(永禄の変)

義輝の弟義昭は、暗殺を恐れて京都から脱出し、朝倉義景を頼ってきました。

そこで、義昭は義景の側近としての光秀を知ります

義昭は、将軍家復興のために義景に上洛(京へ上ること)を迫りますが、なかなか応じません。

業を煮やした義昭は、美濃の斎藤家を倒し、次第に勢力を伸ばし始めていた尾張の織田信長に上洛を要請します。

1568年

光秀が仲介役となり、織田信長を従えて無事上洛を果たした義昭は、第15代将軍となります。

これが明智光秀の歴史上に表れた最初の大きな功績と言われています。

これ以後光秀は、義昭と信長両方の家臣となりました。

1570年

義昭は、信長に利用されるための将軍だと知り、信長との関係が悪化していきます。

間に立たされた光秀の苦悩が続きます。

1571年

織田信長の命により、比叡山延暦寺焼き討ちを実行します。

この功績により、光秀は近江の国に城を気付くことが許され、琵琶湖畔に坂本城を築城し、居城としました。

この頃信長は、まだ秀吉や他の家臣に城を持つことを許していません。

新参者だった光秀がいち早く城を持つことができたのは、いかに信長に重宝され、貢献していたのかがよくわかりますね。

坂本城は、大天守と小天守を持つ豪壮な城で、ルイス・フロイスの『フロイス日本史』の中で「信長の安土城に次ぐ名城」だと言っています。

光秀は坂本の領内を善く治め、領民にも慕われたという事です。

1573年

足利義昭が、信長を討つために挙兵します。

この時、光秀は織田軍として戦うことを決め、義昭との関係を終わらせました。

義昭と信長の戦いは、義昭側の最大の見方だった武田信玄が病死したことで、ほぼ決着し、室町幕府は終わりを告げます

1575年

丹波方面の攻略を命じられますが、丹波国の波多野秀治の裏切りに合い、敗退します。

1576年

光秀の最愛の妻、正室の煕子(ひろこ)が病死します。

戦続きで心労が重なって病に伏した光秀を献身的に介抱してきたための疲労が大きかったと言われています。

夫婦仲は極めて良かったと言われていますので、光秀の悲しみはさぞ大きかったでしょう。

1577年

松永久秀の居城信貴山城を攻め落とします。

1578年

丹波国の攻略のため、亀山城を築城します。

1579年

波多野秀治らを攻め落とします。

この功績により、信長から丹波の国(亀岡市・福知山市)29万石を与えられます

福知山城

1581年

京都御馬揃え(軍事パレード)が執り行われます。

光秀は、運営を任されました。

本能寺の変へ

1582年

信長の命により、安土城での徳川家康接待役を勤めます。

しかし、接待の不備を信長に激しく叱責されました。

このころから、光秀の心中に信長への叛意が沸き上がっていたとの説もあります。

毛利氏征伐に向かっていた豊臣秀吉からの出馬要請に応じ、信長が大軍の派遣を決定。

光秀も出馬命令を受け、亀山城にて出陣準備をします。

同年5月24日(28日とも)愛宕神社にて、「愛宕百韻(あたごひゃくいん)」を開きます。

これは、光秀が主宰した連歌会で、そのとき光秀が詠んだ上の句がこちらです。

『ときは今 あめが下しる 五月かな』

”とき”とは、美濃の土岐氏出身の明智、

”あめが下しる”は天下を知る(支配する)

「土岐氏(明智)が天下を支配する五月となった」という意味になります。

ただし、この句は、のちに一部が書き替えられたという説もあります。

そして、1582年6月2日

京都本能寺に滞在していた織田信長を襲撃、自害させました。

京都本能寺

光秀は、娘婿の細川忠興(ただおき)とその父幽斎(ゆうさい)や親しく交わっていた筒井順慶(つついじゅんけい)などに味方するように要請する文書を出していましたが、請けいられずに孤立していきます。

信長の自害を知った秀吉は、それを隠したまま毛利と和睦をすると、備中高松(岡山県岡山市)からわずか10日ほどで京に帰ってきました(中国大返し)

秀吉と光秀は、京都と大阪の境にある山崎で戦いますが、明智軍はあえなく敗戦します

山崎合戦を望む

わずかな供と敗走途中に、伏見小栗栖の竹やぶで、百姓たち落人狩りに遭い、光秀は自害しました

本能寺の変から11日後のことでした。

光秀が信長を倒した本当の理由は、いまだにはっきりとしていません。

愛宕百韻が一つのヒントではないかとも言われていますが、おそらくずっと謎のまま、真実は光秀のみが知っているのでしょうか。

いえ、光秀にもわからないのかも。

1582年6月13日 明智光秀死す 享年55歳

 

明智光秀の生涯を、主な出来事を中心に紹介しました。

なんとなく明智光秀のことがわかっていただけたと思いますので、次は、逸話や今に伝わる光秀の言葉などから、明智光秀の人となりを探ってみます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました