伊東甲子太郎 志半ばで倒れた志士は本当に新選組を裏切ったのか

新選組

元治元年秋、1人の人物が上洛しました。

彼を慕う仲間とともに新選組に入隊したのは、伊東甲子太郎

大いなる志をもって新選組隊士となった伊東でしたが、数年後にその志が無残に絶たれることなど、思いもしていなかったでしょう。

今回は、新選組参謀・伊東甲子太郎の生涯を追いながら、彼が本当に目指したものを探ります。

スポンサーリンク

伊東甲子太郎の生い立ちと経歴~新選組入隊まで~

天保5年(1835年)

伊東甲子太郎は、現・茨城県かすみがうら市の常陸志筑しづく藩士・鈴木専右衛門忠明の長男として生まれます。

名は大蔵おおくら

父の隠居後、家督を相続しますが、父の借財が明らかになり家名断絶、一家は領外へ追放されました。

大蔵は、水戸へ遊学し、水戸藩士・金子健四郎(神道無念流)のもとで剣術修行をしながら、水戸学を学びます。

水戸学を学ぶ中で、大蔵は次第に勤皇思想に傾倒していったようです。

江戸・伊東道場へ

大蔵は、水戸から江戸へ出てくると、北辰一刀流の伊東道場に入門しました。

やがてその力量を認められ、大蔵は伊東の娘・みつと結婚し、婿養子となり、伊東大蔵と名乗るようになります。

師である伊東が亡くなると、大蔵は道場を継ぎ、剣術とともに攘夷論者としても活躍の場を広げていきました。

江戸深川中川町にあった伊東大蔵の道場は、塾生・門下生も多く小旗本並みの規模があったと言われています。

のちの新選組隊士・藤堂平助は、伊東の門人として道場に通っています。

その縁で、藤堂からもたらされた新選組入隊の誘い、大蔵は、はじめは乗り気ではなかったらしいです。

しかし、再三の誘い、挙句に新選組局長・近藤勇自らが訪ねてきたこともあり、大蔵は新選組入隊を決めます。

近藤に先んじて、大蔵を誘いに来ていた藤堂平助は、この時期新選組のやり方に不満を持っていたようです。

永倉新八の『新撰組顛末記』によると、藤堂は大蔵に対し

「新選組を、いずれは伊東を隊長とした尊王攘夷の集団にしたい」

「近藤たちは始末しなければならない」

などと言っていたそうです。

 

伊東甲子太郎 新選組入隊

元治元年(1864年)11月

弟の鈴木三樹三郎、盟友の加納鷲雄・篠原泰之進・服部武雄、門人の中西昇・内海二郎ら9名とともに上洛した大蔵は、この年(甲子:きのえね)にちなみ、名を甲子太郎(かしたろう・きねたろう)と改名しました。

新選組では、参謀兼文学師範を任じられます。

容姿端麗で弁舌爽やか、温厚な伊東は、瞬く間に隊士たちの心をつかみます。

伊東甲子太郎肖像画:Wikipedia

局長の近藤も、伊東の入隊を喜んでいましたが、副長・土方歳三は伊東を新選組の規律を乱す異分子と考えていたようです。

新選組の動揺

新選組の当初は、尊王攘夷の先鋒として働く方針だったと考えられます。

しかし、京都守護職会津藩のお預かりになったことにより、幕府寄り(佐幕派)の尊王攘夷を旗頭となっていきました。

その結果、幕府に対抗・反抗する長州藩を敵として、長州藩と考えを同じくする浪士たちを捕縛することが主な仕事になっていきます。

伊東が入隊したころの新選組は、池田屋事件により完全に幕府側につき、尊王攘夷派とは敵対するような図式になりつつありました。

伊東ははじめ、このような新選組活動の方向転換を考えていたようです。

隊内で思想改革をしながら、近藤ともたびたび攘夷論などを語り合っていたと言われています。

しかし、すでに幕府内でひとかどの論客として地位を固めつつあった近藤は、次第に伊東を疎ましく思うようになります。

隊内での伊東の人望の高さも気に入りません。

新選組の中に少しずつひずみが生まれてきます。

 

山南敬助の脱走・切腹

元治2年(1865年)2月22日。

新選組総長・山南敬助が隊から脱走しました。

新選組結成メンバーで、近藤勇の試衛館道場からの仲間だった山南でしたが、伊東が入隊以降は、近藤・土方よりも伊東と歓談することの方が多くなっていました。

穏やかな性格で、勤皇の思想も持っていた山南は、幕府の走狗となり下がっていた(山南にはそう見えていたようです)新選組を正したい気持ちがありました。

伊東に近づいたのは、山南自身の考えに近いと考えていたからだと思われます。

しかし、山南は1人で行動を起こしてしまいました。

翌23日に屯所へ連れ戻された山南は、隊の掟に従い、切腹して果てました。

伊東は、山南の死に際し、歌を詠んでいます。

春風に吹きさそわれて山桜ちりてそ人におしまるるかな
(春風に吹かれて散ってゆくからこそ山桜は人に惜しまれる:山南を失ってはじめてその存在の大きさに気づくものだ)

吹風にしほまむよりは山桜ちりてあとなき花そいさまし
(吹く風にも散らされずしぼんでゆくより、跡形もなく散った方が勇ましい:志を曲げてまで生き長らえるよりは、逆風に立ち向かって死んでいく方(山南)が勇ましいではないか)

皇(すめらぎ)のまもりともなれ黒髪のみたれたる世に死ぬる身なれは
(魂となっても皇:天皇を守ってくれ。黒髪のように乱れたこの世の中で倒れた身なのだから)

あめ風によしさらすともいとふへき常に涙の袖にしほれは
(たとえ風雨にこの身をさらしても構わない。あなたの死を悲しんでいつも涙で袖を絞るほどなのだから)

同じ志を持っていた山南を惜しむ伊東の、山南への弔辞であり、近藤・土方への批判だったのかもしれません。

結成以来の同志をも死に追いやる新選組のやり方を見て、伊東は新選組ごと方向転換をすることはあきらめていたのではないでしょうか。


お気軽にコメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました