おすすめです! 「縁見屋の娘」このミス大賞 優秀賞

お気に入りの作品
DSC_0374

久しぶりの更新です。

何か忙しくてゆっくり書く暇がなかったのですが、

どうしてもおすすめしたい本があったので、

何とか時間を作って書いています。

2016年第15回『このミステリーがすごい!』大賞の

優秀賞に選ばれた作品です。

「京の縁結び 縁見屋の娘」 三好昌子

京の口入業屋 「縁見屋」の一人娘、お輪は、

曾祖母、祖母、母がみんな26歳でなくなったという

「悪縁」を知り、心ひそかに怯えて暮らしています。

そんな時、帰燕という名の謎の修行僧が「縁見屋」に現れます。

お輪は、帰燕に不思議な感情を持ちはじめます。

小さなころからお輪は、見たこともない大きな火事の中で

まだ見ぬ幼い息子と生き別れる夢を度々見ていました。

それは、お輪の「悪運」と何か関係があるのか?

帰燕は、いったい何者なのか?

哀しい「悪運」は、なぜ「縁見屋」の娘たちに災いをもたらすのか?

そしてその「悪運」からお輪は逃れることができるのか?

柔らかく上品な京言葉で綴られたこの作品は、

「縁見屋」の人たちの哀しい過去、親子の情愛を

細やかに描いています。

人間の情の愛しさ、哀しさがしっとりと伝わってきて

ミステリーなのに読んでいてほわっとした気持ちになりました。

ネタばれになるので詳しくは書けませんが、

久しぶりに一気読みをしてしまった作品です。

三好昌子さんの作品、これからこうご期待ですよ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました