新選組副長 土方歳三の戦い 鳥羽伏見から函館五稜郭へ

土方歳三新選組

慶応4年(1868年)1月3日

旧幕府軍と討幕軍の戦が起こる。

重傷を負った近藤と労咳にむしばまれた沖田は、ともに大坂へ行った。

新選組副長土方歳三の戦いは、これからだ。

土方歳三の生涯、今回は史実を踏まえた私の妄想?になっております。

どうぞお読みください。

絶対の勝者から賊軍へ

新選組は、伏見奉行所に布陣していた。

そこから目と鼻の先にある御香宮には、薩摩藩がいる。

指揮を執る歳三の横には、永倉新八・原田左之助・井上源三郎・斎藤一。

新選組一次募集で入隊した島田魁や山崎丞の姿もある。

近藤と沖田はいなかったが、

俺たちの新選組がある。薩長の野郎、思う存分たたっ斬ってやるぜ

始めのうちは、一進一退の攻防だった。

歳三は、新選組にお家芸である白兵戦に持ち込もうとするが、次第に押し返される。

薩摩の圧倒的な銃器の前に次々と隊士が犠牲になるだけだった。

永倉、島田、原田たちの命がけの突撃もむなしく、新選組は会津藩とともに淀城まで退却した。

試衛館の友の死

1月5日

淀川堤に薩摩・長州・土佐藩の軍が現れ、新選組と会津藩士が先陣となり、再び激戦となった。

たがいに大砲を撃ち合いますが決着はつかず、歳三はまたも接近戦に持ち込んだ。

敵にとって最も恐れている新選組の斬りこみだ。

たまらずに逃げ出す敵もいたが、銃器の数が違いすぎた。

その上、頼みの綱の淀藩が寝返った

この戦いで山崎丞が重傷を負い、そして井上源三郎が戦死した。

井上は、近藤の兄弟子として沖田・歳三とともに試衛館に暮らした仲間だ。

歳三にとって、弱みを見せられる数少ない人だった。

だが、

「源さんは江戸へ連れて帰ったやれねぇ。すまねぇ」

戦死した井上の首は、近くに寺に葬った

錦の御旗

1月6日

淀から橋本(京都府八幡市)まで引き上げた旧幕府軍。

会津藩・新選組・遊撃隊・京都見廻り組・大垣藩で、防衛線を敷いていたところに薩摩藩が攻撃を仕掛けてきた。

歳三たちは、必死で応戦するが、今度は藤堂藩が旧幕府軍を裏切り、三度窮地に立たされる旧幕府軍。

「沈む泥船には乗らねぇってことだな、情けねぇ」

そう言いながら、歳三の眼の光は鈍っていなかった。

多くの兵を失いながら、旧幕府軍は大坂まで逃れた。

討幕軍がこの戦闘に勝利した裏には、彼らが錦の御旗を掲げたことが大きく影響しています。

旧幕府軍の中から次々を裏切り、寝返りが出たのも、自分たちが賊軍になるのを恐れたのです。

大坂城に入っていた15代将軍徳川慶喜も賊軍の汚名を着せられることを恐れていたといいます。

 

江戸へ帰る

傷だらけの旧幕府軍、新選組は大坂城に入った。

歳三は、近藤と沖田に再会、京伏見での戦いを報告する。

「トシ、ご苦労だった。戦況は聞いている」

「近藤さん、すまねぇ。だが次は勝つぜ。あいつらが持ってる新式の銃をそろえりゃあ十分勝ち目はある。近藤さん、これ彼は剣じゃねぇ、銃の時代だ」

「そうか。トシ、おめえはすげえな」

負け戦から帰ってきたにもかかわらず、歳三の生き生きとしたその姿は、もう刀を振るえない近藤にはどう映っていたのだろう。

将軍、逃げる

将軍を大将に、大坂城に籠城して戦えば、討幕軍(この時には官軍となっています)などに負けるわけがない。

討幕軍が攻めあぐねている間に、様子見をしている各藩が背後から討幕軍を襲えば、まだまだ勝機はある。

新選組を含め、大坂城に戻ってきた旧幕府軍の多くが思っていた。

大坂城

大坂城

ところが、大将として軍を率いるはずの慶喜は、会津藩主松平容保までも連れてすでに大坂を逃げ出していた。

戦っている臣下を見捨てて、逃げた。

敵前逃亡をする大将など、あり得ない!

旧幕府軍の士気は急激に衰えてしまった。

新選組は、たまたま取り残されていた海軍の榎本武揚らとともに海路江戸へ向かいました。

江戸へ向かう船の中で、すっかりやせ細ってしまった沖田総司は、それでもみんなの前では笑顔を見せていたといいます。

船中、銃弾を受け重傷だった副長助勤山崎丞が亡くなりました

彼の葬儀は、船の上で行われ、遺体は海へ流されました。

こんな形で、江戸へ帰ることになるとは歳三も思っていなかったでしょう。

関連記事

新選組 山崎烝 近藤・土方の信任篤き男の生涯とは?

 

盟友との別れ

江戸へ戻ってきた新選組は、「甲陽鎮部隊」と隊名を変え、甲府城を押さえるように命じられた。

甲府城を押さえれば、近藤には100万石与えるという約束があったといいます。

実際は、薩長にとって最も恨みの深い新選組を江戸に置いておきたくなかったために、体よく追い出されたのだと考えられています。

ちなみに、この策を考え出したのは、勝海舟だといわれています。

だが、近藤は

「トシ、大名になれるぞ」

と喜んでいた。

「俺ぁ、薩摩と戦えられればそれでいい」

甲府への途中、新選組は日野に立ち寄った。

歳三、最後の帰郷

歳三にとっても、近藤にとっても懐かしい日野。

沖田にとっても出稽古に来た懐かしい場所だった。

歳三たちは、佐藤彦五郎宅で休息をとった。

武勇伝を聞きたがる皆に愛想よく談笑する近藤。

だが、歳三はあまり笑顔も見せず、村人たちの歳三に対する印象はよくなかった。

「姉さん」

歳三は、別室で姉のぶに挨拶をした。

久しぶりの姉弟の会話。

なんということもないその時間は、歳三とのぶにとって最後の貴重な時となった。

すでに一人で歩くこともつらくなっていた沖田は、歳三に無理を言ってここまで付いてきていた。

しかし、これ以上同道はどう考えても無理だった。

「総司、おめえはここまでだ。あとは俺と近藤さんに任せろ」

「土方さん、私はすぐに良くなりますから、きっと待っていてくださいよ。土方さんはすぐに喧嘩するんだから。私がいなくちゃ駄目なんだ。土方さん、きっとですよ」

そう言って、総司はいつもの笑顔を見せた。

永倉・原田との別れ

官軍(新政府軍)は、一足早く甲府城を押さえていた。

それを知った甲陽鎮部隊の臨時兵は勝ち目がないと察し、次々に脱走していく。

そこで歳三は、援軍を求めるために単身江戸へ戻ったが、甲府勝沼の戦いは歳三のいない間にあっけなく負けた。

歳三と近藤、そしてほかの新選組隊士もバラバラに江戸へ戻っていった。

KoshuKatsunuma.jpg

錦絵『勝沼駅近藤勇驍勇之図』 東京江戸美術館

慶応4年3月11日

歳三と近藤は、江戸神田の医学所で永倉・原田たちと話し合いを行った。

会津へ向かい、松平容保の下で戦おうという永倉たちに、近藤は同意しない。

拙者はさようなわたくしの決議には加盟いたさぬ。ただし拙者の家臣となって働くというならば同意もいたそう        『新撰組顛末記』より

近藤は、永倉たちを家臣といった。

”同志”ではなく”家臣”

「俺たちは、あんたの家臣じゃない」

永倉・原田たちは憤怒の表情で席を立った。

歳三は何も言わない。

(あいつらの気持ちはよくわかってるさ。だが俺は最後まで近藤さんと一緒だ)

新選組は、歳三と近藤だけになった。

近藤との別れ

4月1日

新選組は、下総流山にいた。

旧幕府軍の脱走者なども集まり、総数227名の大所帯だ。

歳三は、味噌屋の長岡屋に本陣をおき、軍事演習を始めた。

永倉たちとの別れ以来意気消沈していた近藤は、この盛大さに以前の新選組を重ねたようだった。

すっかり元気になり局長としての威厳も見せ、新しい隊士からも慕われていた。

(やはり近藤さんだ。根っからの大将なんだな。だが勢いがなくなると駄目だ。俺ぁそんな近藤さん見たくねぇ。俺が近藤さんを大将にさせ続けてやる)

歳三にとって近藤は、自分の能力を最大限に生かせるかけがえのない存在だった。

そしてそれは、歳三の夢であり、その先に近藤の夢もあると思っていた

「俺は、近藤さんあっての俺さ」

ファイル:KondoIsami-Jinyaato.jpg

千葉県流山市にある近藤勇陣屋跡 写真提供:双夏葉

4月3日

新選組の長岡屋本陣を新政府軍に包囲される。

あまりの大人数のため、敵に知られてしまったのだ。

この時本陣には、歳三と近藤、野村利三郎、村上三郎、近藤芳助の5名しかいなかった。

大部分の隊士は、山野で軍事練習をしていたためである。

薩摩藩士有馬藤太が使者として訪れ、歳三が応対した。

「江戸表からの脱走兵や農民一揆の取り締まりのために出張したもので、官軍には何ら害をもたらすものではない」と答えると、有馬は、武器の提出を命じた。

近藤は、すでに切腹を覚悟していた。

頑としてそれを許さない歳三。

「近藤さん、ここは俺に任せてくれ。近藤さんは、新選組の局長としてまだやるべきことがある。今は腹を切るときではない」

「あくまでも大久保大和で通し、流山の鎮護を目的とする部隊だと主張するんだ」

江戸へ帰って以来偽名として使用していた大久保大和として出頭するべきだという歳三。

「俺が必ず近藤さんを助ける。だから今は腹を切るな」

歳三の言葉に従った近藤は、野村利三郎と近藤芳助を供として、新政府軍に出頭した。

近藤奪還に失敗

近藤を出頭させた後、歳三はひそかに江戸へ帰り、勝海舟の下へ急いだ。

近藤の救出を頼むためだ。

しかし勝はうなずかなかった。

徳川家を守るため、江戸の町を守るためにそれはできなかったのだ。

歳三は、勝が書いた近藤の助命嘆願の書状を隊士の相馬主計に託した

だがそのころ、新政府軍では大久保大和と名乗る武士が近藤勇だということはすでに承知していた。

助命嘆願の書状を新政府軍に届けた相馬は、すぐさま身柄を拘束された。


コメント

タイトルとURLをコピーしました