新選組局長 近藤勇 誠を貫いた男の生涯を追う

新選組

幕末の動乱期、活躍した期間はわずか5年ほどだったにもかかわらず、未だに鮮烈な印象を与え続ける新選組。

最盛期には300名を超える隊士を抱えていた新選組のトップに立ち続けたのが近藤勇です。

農家出身の近藤が、なぜ新選組の局長となったのか、彼は何を目指していたのか。

今回は、近藤勇の生涯を追いながら、私なりに近藤勇という人物に迫ってみたいと思います。

近藤勇の生い立ち

天保5年(1834年)

近藤は、武州多摩上石原村(現東京都調布市野水)の百姓・宮川久次郎の三男として生まれました。

幼名は勝五郎。

百姓と言えど、宮川家は比較的裕福な家庭でした。

勝五郎の生まれた多摩では、百姓でも剣術を学ぶ者が多く、勝五郎も幼いころから剣術に親しんでいました。

嘉永元年(1848年)

勝五郎は、江戸牛込(現東京都新宿区)にあった天然理心流の剣術道場・近藤周斎の「試衛館」に入門します。

天然理心流の木刀

勝五郎の武勇伝

この時期のことです。

父が留守にしていた勝五郎の自宅に賊が侵入してきました。

気づいた勝五郎たち兄弟。

剣術を共に学んでいた兄は、日ごろの修練の腕を試そうと、今にも賊に向かおうとします。

しかし勝五郎は

「賊は、押し入ったばかりの時は、気が張っています。ことを終えて立ち去るときの方が気が緩み、隙ができるはずですから、その時に襲うべきです」

と言って止めたのです。

賊が盗品をまとめて逃げようとしたとき、勝五郎は兄とともに襲い掛かりました。

驚いた賊が盗品を捨てて逃げ去ってしまうと、兄が後を追いかけようとします。

しかしここでも勝五郎は、

「窮鼠猫を噛むということがあります。深追いはするべきではありません」

と兄を止めました。

おかげで、誰も怪我することなく、無事だったと言います。

この話が師匠近藤周斎の耳に入ったことがきっかけかどうかはわかりませんが、その後勝五郎は、近藤周斎の養子となります。

勝五郎は、周斎の実家・嶋崎家の姓をもらって嶋崎勝太、のちに近藤勝太、そしてと改めます。

試衛館時代の近藤勇

近藤の剣は、天賦の才にも恵まれどんどんと上達します。

「試衛館」道場の跡取りとして、日々の修業を積むとともに、万延元年(1860年)には、”つね”という女性と結婚しました。

つねは、御三卿・清水徳川家の家臣・松井八十五郎の長女で、しっかりした女性だったようです。

近藤の女性論⁉

近藤は、常々このようなことを言っていたそうです。

「妻は器量が良い女性をめとるべきではない、器量が良いと日ごろの行動が派手になってしまう。それに比べ器量の悪い女性は、貞淑だ。私は貞淑な女性を妻にしたい」

今の時代なら、明らかなセクハラ、いや人格否定につながる問題発言です!

でも江戸時代の倫理観・女性観などを考えると、これも仕方のない発言だったのでしょう。

ビジュアルに自信のない私は、喜ぶべきか悲しむべきかわかりませんが。

でもでも、新選組時代の近藤勇、花街の太夫らを妾として、あちこちに囲っていますよ!

花魁 イメージ

「妻は顔じゃない、でも愛人は美人がいい」ということでしょうか。

男って、男って…!

近藤のもとに集まる若者たち

女性から見た近藤とは違い、近藤は剣術を通じた仲間には恵まれていました。

後の新選組結成メンバーである、土方歳三・沖田総司・井上源三郎・永倉新八・山南敬助・藤堂平助・原田左之助・斎藤一は、試衛館時代からの仲間です。

沖田・井上は、もともと試衛館の内弟子、土方も天然理心流の門人でしたが、あとの6人は他流です。

なのになぜか、試衛館に居座り続けています。(斎藤は、時々顔を出す程度だったらしい)つまり居候。

なぜ彼らが試衛館にいたのか。

それは、他流試合対策の1つでもあったようです。

天然理心流は、気組(気合)を重んじる実践型の剣術だったため、洗練された流派との他流試合は、若干苦手だったようです。そのため、永倉や山南らが重宝されていたという話もあります

 

でもやはり近藤勇の人柄によるところが大きいのではないでしょうか。

何事にもおおらかで優しく、いざとなると頼りになる、そして何とも言えない人を引き付ける魅力が、近藤にはあったのではないでしょうか。

でなければ、新選組隊士たちをあれだけまとめることはできなかったと思います。

すでに世情は、幕府の対外政策に対する批判や尊王攘夷思想で乱れています。

彼らも試衛館でいろいろな議論をしていたかもしれません。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました