京都で月を愛でるならここ!おすすめのお月見イベント8選

おすすめ散策

夏の盛りが過ぎて、朝夕が過ごしやすくなってくるころ、夜空が美しく澄み渡る季節がやってきます。

ここ千年の都・京都では、多くの観月の宴が催されます。

京都市内あちこちで行われるお月見のイベントですので、どこへ行こうか迷う方も多いと思います。

そこで今回は、京都で行われるおすすめのお月見イベントを紹介します。

どうぞご参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

大覚寺  観月の夕べ

嵯峨天皇の時代、貴族や文化人が大覚寺・大沢池でお月見を兼ねた舟遊びしたことにちなんだ行事です。

大沢池に浮かべた小舟に乗って、空に浮かぶ月や池に映る月を楽しみましょう。

大覚寺境内では、抹茶とお菓子がいただけます(コロナウイルス感染対策のため中止の場合もあります)。

日時  9月中旬:中秋前後  17:00~20:30

大覚寺公式サイト

上賀茂神社  賀茂観月祭

境内「馬場殿」での神事の後、音楽・仕舞などの奉納行事が行われます。

18:00からは先着300名限定で月見団子の整理券が配られます。

また、にごり酒(月の桂)のふるまいもあります(コロナウイルス感染対策のため中止の場合もあります)。

日時  9月中旬:中秋  17:00~20:00

上賀茂神社公式サイト

下鴨神社  名月管弦祭

境内・糺の森で平安貴族舞・舞楽・管弦などが奉納され、名月を観賞します。

お茶席も設けられます(有料:1000円)

日時  9月中旬:中秋   17:30~21:00

下鴨神社公式サイト

 

八坂神社   祇園社観月祭

境内の舞殿では、風雅な管弦・舞楽・筝曲・祇園太鼓などが奉納されます。

日時   9月中旬:中秋  19:00~

八坂神社公式サイト

 

高台寺  秋の夜の観月茶会

豊臣秀吉が伏見城で月見をしたという「観月台」が移築されていることにちなみ、観月茶会が催されています。

境内・湖月庵でお抹茶をいただき、ライトアップされた庭と名月を楽しむことができます。

日時  9月中の金・土・日  受付17:00~18:00

要予約 料金 7000円:薄茶席・拝観案内・点心(食事)付

高台寺公式サイト

 

神泉苑   観月会

神泉苑は、平安京遷都の際に設けられた禁苑で、天皇や公家たちが舟遊びをしたり、音楽を楽しんだ場所です。

本堂での観月法要の後、龍王社拝殿において奉納演奏などが行われます。

当日は、庭園特別拝観(無料)・お茶席も設けられます。

*コロナウイルス感染対策のため、2021年はお茶席は中止です

日時  9月中旬:中秋ごろ  18:00~20:30

お茶席 500円(150名限定)

神泉苑公式サイト

 

松尾大社   観月祭

境内では、尺八や琴・和太鼓の奉納演奏や俳句大会などが行われます。

お酒の神様で知られる松尾大社だけに、樽酒のふるまいや月見饅頭のふるまいもあります。

*2021年は中止

日時   9月中旬:中秋   17:00~21:00 料金1000円

俳句受付 当日20:00まで 投句料200円

松尾大社公式サイト

 

京都府立植物園   名月鑑賞の夕べ

植物園内の芝生広場において、コンサートなどのイベント、天体望遠鏡による月の観察会などが行われます。

当日は園内が無料開放されます。

混雑することもなく、開放的なので、小さな子供たちも楽しめます。

*コロナウイルス蔓延により、イベントの変更・中止の可能性があります

日時  9月中旬:中秋   18:00~20:30

京都府立植物園(京都府ホームページ)

関連記事

中秋の名月とは? お月見の時期や由来 楽しみ方を紹介!

 

 

まとめ

今回は、京都のおすすめ観月イベントを紹介しました。

ほとんどが同じ中秋の日なので、行きたい場所を決めるのが大変だと思います。

そんな時は、毎年1ヶ所ずつ楽しみましょう。

楽しみは先に延ばすほど、盛り上がるのです!

 

まだコロナウイルスが蔓延していますので、思っているように散策・お月見もできませんが、いずれやってくる日常に向けて、今できることをやっていきましょうね。

 


お気軽にコメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました