鎌倉幕府を設立した源頼朝とはどんな人物だったのか? 政子との関係は?

歴史人物

武家政権を始めて作った源頼朝。

彼の人生は、まさに波乱万丈でした。

2度にわたる戦による運命の浮き沈み、そこから立ち上がり、結婚、戦の勝利、武家の棟梁へと駆け上がりながら、突然の謎の死。

学校では必ず学ぶほどの有名人でありながら、源頼朝がどんな人物だったのかを知っている人は少ないと思います。

今回は、源頼朝の生涯と逸話を通して、鎌倉幕府を創設した彼の姿に迫ってみたいと思います。

源氏の御曹司・頼朝

源頼朝が生まれたのは、久安3年(1147年)4月です。

清和源氏の流れをくむ河内源氏・源義朝の三男として誕生、幼名は「鬼武者・鬼武丸」と称しました。

頼朝出生跡地の誓願寺

母・由良御前は、藤原南家出身の熱田大宮司・藤原季範の娘です。

頼朝は三男ながら、母が藤原家の血を引く高貴な身分だったことから、家督を継ぐ存在と見られていました。

生まれながらの「源氏の御曹司」だったのです。

保元の乱

保元元年(1156年)

父・源義朝は、保元の乱で平清盛とともに後白河上皇に従い、勝利します。

2年後の保元3年(1158年)2月に頼朝は、上西門院蔵人に任じられ、6月には二条天皇の蔵人にも任命されます。

蔵人(くろうど)

天皇の秘書的な役割をする役人。

まさに順風満帆の人生がこれから始まろうとしているところでした。

しかし、そんな未来は来ませんでした。

平治の乱

平治元年(1159年)12月

源義朝は、後白河上皇の近臣・藤原信頼とともに、後白河上皇と二条天皇を捕らえ、軟禁します。

それを知った平清盛は、一計を案じ、後白河上皇と二条天皇を無事脱出させます。

その後、二条天皇から藤原信頼・源義朝追討の宣旨を受けました。

源義朝は、朝敵になったのです。

義朝と頼朝たち兄弟は、かろうじて平安京から落ち延びますが、義朝は途中で忙殺され、兄たちも亡くなりました。

頼朝の長兄・義平は、清盛を討とうと京に戻って返り討ちにあった
次兄・朝長は逃げる途中に負傷し、それが元で亡くなっている

頼朝もつかまり、清盛の待つ京都へ送らました。

ここでちょっと寄り道
なぜ源義朝は、保元の乱で従っていた後白河天皇を裏切るようなことをしたのでしょうか。
それを説明するのは、とっても複雑でややこしい朝廷内の派閥争いがあります。
なので超簡単に言いますね。
後白河上皇の近臣には、藤原信頼以外にも、信西という有能な人がいました。
後白河上皇は、この信西をより重用していたのです。
それが気に入らない信頼は、信西を追い落とすために、保元の乱で活躍したのに、清盛よりも位が低いままで不満があった源義朝を誘ってクーデターを起こそうとしたのです。
でもそのために自分の主人である後白河上皇を軟禁するのは、どうかと思いますが、信頼には一様何らかの考えがあったのでしょう。義朝は、多分信頼にいいように利用されただけだと思いますが…。

頼朝、伊豆へ流される

京へ戻された頼朝は、この時わずか13歳。

とはいえ、源氏の後継である頼朝にあるのは、処刑という処分だけのはずでした。

ところが、平清盛の義母・池禅尼らが頼朝の命乞いをしたのです。

元は、朝廷内の権力争いで、源氏はそれに巻き込まれた形でもあったため、後白河上皇や、上西門院の意向が働いたという説もありますが、とりあえず頼朝の命は助かりました。

頼朝は、伊豆の蛭ヶ小島(ひるがこじま)へ流されることになりました。

源頼朝が流された蛭ヶ小島

イケメン頼朝

同時代の人々によると、頼朝は

年齢より大人びている

顔が大きく容貌は美しい

と評されています。

身長も165㎝ほどあったらしく、当時の平均よりかなり背が高かったのです。

そんな頼朝の13歳ごろを想像してください。

なんと可憐で愁いを帯びた美少年だったことでしょう(妄想入ってます!)

大河ドラマ『平清盛』では、少年期の頼朝を中川大志さんが、青年期を岡田将生さんが演じていらっしゃいます。

こんな美少年が、悄然として目の前に座らされていたら…。

池禅尼でなくとも、助命を願ったかもしれませんね。

青年になってますますイケメンになる頼朝は、この後様々な女性といろいろ…あります。

流人・頼朝

伊豆での謹慎中、頼朝は亡き父や源氏一門の供養をしながら、比較的自由に暮らしていました。

乳母の甥・三好康信から京の情報を得たり、武芸の鍛錬のために大規模な狩猟を行ったりもしています。

これは、伊豆を含めた関東全体が、源氏に対し、好意的で指示していたという背景があったからです。

頼朝の行動もそれほど制限されていたわけではなさそうです。

彼を監視する役だった伊東佑親の三女・八重姫と北条時政の長女・政子の二股をかけていた時期もあるらしい…というのだから、ちょっと自由すぎ?

ただ、八重姫との間に出来た男子は、平家の怒りを恐れて佑親が密かに殺し、二人の仲は裂かれたと言われています。

源氏を支持しながらも、表向きは、平家に服従している形をとっていたのでしょう。

八重姫の悲劇を知っていたのかどうか、頼朝のもう1人の恋人・北条政子は、1枚上手でした。

押しまくる!北条政子

一応流人の身である頼朝と、監視役の娘である政子は、いわば「禁断の恋」という関係です(ここまでは八重姫もおんなじ)。

禁じられるとかえって燃え上がるのが、恋というもの…と誰かが言っていたように、2人は密会を繰り返し、愛を深めていきます。

伊豆山神社 
頼朝と政子が密かに愛を語り合った
頼朝が源氏再興を祈願した神社でもある

(ここからは想像も入りますが)八重姫の事があり、頼朝は政子に対しても一時距離を置こうとしていたかもしれません。

しかし、政子の恋心は燃え上がる一方です。

この時代の女性には珍しく、政子の方から頼朝に会いに行くこともあったようです。

政子の父・北条時政も、これを知っていい顔をしません。

八重姫の二の舞になるようなことがあっては大変です。

そんな親心を知ってか知らずか、やがて政子のお腹には、頼朝の子(大姫)が授かったのです。

「や、やばい」

時政、どうする!

時勢は、政子の味方をしました。

京では、平家のあまりの横暴ぶりに、後白河法皇をはじめとする朝廷内部で不満がたまりつつあったのです。

「もしかしたら、源氏の御曹司を味方にしておくのもいいかも」

と考えた(かもしれない)時政は、しぶしぶではありましたが、頼朝と政子の結婚を認めました。

かくて政子は、見事源頼朝を射止め、その後の鎌倉幕府を支え続ける偉大な女性となるのです。

政子は、とっても嫉妬深い女性としても知られています。

イケメン頼朝は、政子と結婚してからも、あちこちの女性のもとへ通っていました。

これは子孫を多く残すために、当時の武家なら当たり前のことだったのですが、政子はそれが許せませんでした。

流人暮らしの頃から愛人だったらしい”亀の前”という女性がいます。

亀の前は、とてもたおやかで優しい女性だったらしく、頼朝は政子と結婚してからも、彼女を鎌倉へ呼び寄せて通うほどでした。

でもそれが政子の耳に入ってしまったのです。

政子は、亀の前が住む邸を打ちこわさせ、亀の前は命からがら逃げたと言います。

以後、頼朝はより一層注意して、女性たちのもとへ通うようになりました(懲りない!)

頼朝、立つ!

治承4年(1180年)

後白河法皇の皇子・以仁王平家追討を命じる令旨を全国の源氏に発しました。

以仁王自身は、源頼政らととともにその後の宇治の戦いで敗戦し、亡くなりますが、源氏は動き始めます。

以仁王像 出展:Wikipedia

頼朝は、しばらくは静観していました。

が、平家が源氏追討を企てたことを知り、挙兵を決めます。

この時頼朝は34歳、伊豆へ流されて20年という歳月が経っていました。

伊豆で過ごした20年の間に、頼朝は東国の武士との信頼関係を築いていました。

治承4年8月

皆をまとめ、かつて父とともに暮らした鎌倉を目指します。

しかし、最初の大きな戦い「石橋山の戦い」(現・神奈川県小田原市)は、大負けしました。

出展:Wikipedia

かろうじて逃げ延びた頼朝は、船で安房国(現・千葉県南部)へ落ち延びます。

頼朝は、安房国で勢力を持つ武士たちと合流、勢力を強めながら、再び挙兵、同年10月、鎌倉へ入りました。

頼朝の動きは、平家にも伝わります。

平清盛は、息子・維盛を総大将とした源氏討伐軍を関東に向かわせました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました