後白河天皇 平安から鎌倉へ生き抜いた天皇は意外と愛すべきの人物だった?

歴史人物

後白河天皇が即位したのは、平氏や源氏が台頭しつつあった平安末期です。

この時代、歴史上には、藤原貴族や武士たちがこれでもかというほど出てくるために、とってもややこしいのです。

誰と誰が味方で、敵か。

昨日は味方だったのに今日は?みたいな。

今まで避けてきたこの時代ですが、一念発起飛び込んでみると、なんだか結構面白い。

ややこしいけれど、様々な人間模様が見えて面白いのです。

中でも後白河天皇は、いろんな面を見せてくれます。

ということで、今回は、後白河天皇の生涯を紹介してみようと思います。

この時代としては、とんでもない長寿(65年)を全うした長~い人生ですが、何とかわかりやすくお話ししたいと思いますので、ぜひ最後までお読みくださいね。

後白河天皇の評価は様々ですが、この記事では私の考える後白河天皇の姿を紹介しています。

あくまでも一つの考え方・見方であることをご理解くださいね。

 

スポンサーリンク

誕生から青年期まで

大治2年(1127年)9月

後白河天皇は、鳥羽上皇と中宮・藤原璋子(しょうし・たまこ)の第四皇子として誕生しました。

雅仁まさひとと命名され、11月には親王になります。

雅仁親王が生まれたときは、曽祖父の白河法皇が権勢をふるっていましたが、2年後に亡くなり、父である鳥羽上皇の院政が始まりました。

この時の天皇は、鳥羽上皇の第一皇子である崇徳天皇です。

母は、雅仁親王と同じ藤原璋子。

鳥羽上皇は、崇徳天皇を璋子と白河上皇の間に生まれた不義の子だと疑っていました。

そのため、崇徳天皇を嫌い、「叔父子」と呼んでいたとも言われています。

同じように、雅仁親王に対しても、鳥羽上皇の愛情は薄かったと考えられます。

一方、第四皇子の雅仁は、皇位継承とは全く無縁だったので、とても気楽な立場でした。

このころにはやっていた今様いまよう(今の流行り曲のようなもの)にのめり込んだ雅仁親王は、明けても暮れても今様の稽古をして、喉を傷めるほどだったそうです。

そんな雅仁親王に、周囲の人々はあきれ返っていました。

雅仁親王の知らないところで、皇位継承の戦いが行われます。

院政を開始した鳥羽上皇は、璋子を遠ざけ、藤原得子を寵愛し、体仁なりひとという親王が生まれていました。

鳥羽上皇は、崇徳天皇に政権を渡さないための手を打ちます。

鳥羽上皇は、体仁親王を崇徳天皇の養子にすることを条件に、崇徳天皇に体仁親王への譲位を迫りました。

院政を敷くためには、上皇が天皇の父であるという立場が絶対条件でした。

ですので、崇徳天皇の養子となった体仁親王が天皇になれば、崇徳上皇の院政が可能になるのです。

崇徳天皇は、鳥羽上皇の言葉に従いました。

体仁親王はここに近衛天皇となりました。

ところが、近衛天皇は、崇徳上皇の子:皇太子であるはずが、弟:皇太弟のままだったのです。

崇徳上皇は、ただ譲位しただけで、院政もできなくなりました。

鳥羽上皇の院政は続き、雅仁親王の今様三昧の日々も続いていました。

思いもよらない天皇即位

久寿2年(1155年)

近衛天皇がわずか17歳で崩御してしまいました。

そこで候補になったのは、雅仁親王…ではなく彼の子・守仁親王です。

守仁親王を鳥羽法皇(得度して上皇から法皇になっています)の養子にして天皇にすれば、鳥羽法皇の院政は続けられます。

でもなぜ雅仁親王ではないのか。

相変わらず今様に熱中する雅仁親王に、鳥羽上皇もそのほかの人々も彼は天皇の器ではないと考えていたようです。

ですが、父を飛び越えていきなりその息子が即位するというのは、さすがにあからさますぎるという議論でもあったのでしょう。

守仁親王が成長するまでの中継ぎとして、雅仁親王が即位することになりました。

しばらくの間だし、政権は鳥羽法皇が握っているのだから、そんなに問題はないだろうという結論になったのかもしれません。

ここに雅仁親王は、後白河天皇になりました

このような事態に、おそらく本人が一番驚いていたかもしれませんね。

でも、周りに期待されていないことを自覚していたらしい後白河天皇は、相も変わらず今様に熱中し、真面目に政務に励むことは考えていなかったようです。

鳥羽法皇の政権は、絶対的な安定を迎えたのです。

保元・平治の乱

鳥羽法皇の長い院政が始まると思われたのもつかの間、後白河天皇即位からわずか1年後、鳥羽法皇が崩御しました。

これに反応したのが、完全に政権の外に置かれていた崇徳上皇です。

鳥羽法皇の崩御により、崇徳上皇が院政を行うチャンスが見えてきたのです。

はめられた崇徳上皇

崇徳上皇のもとには、藤原摂関家で家督争いをしていた藤原忠実・頼長父子が接近します。

後白河天皇のもとには、忠実ただざね頼長よりなが父子と争っていた頼長の異母兄弟・忠通ただみちが接近していました。

後白河側には、とても頭の切れる信西しんぜいという側近もいました。

保元元年(1156年)7月8日

「忠実・頼長父子が、崇徳上皇を擁し、諸国より兵士を募って、謀反を企てているという噂がある。これを止めさせなさい」

という後白河天皇の綸旨(命令書)が全国の国司に発せられました。

この時点で、崇徳上皇側は、謀反の準備も覚悟もまだできていません。

しかし、もはや挙兵するしかない状況に追い詰められてしまったのです。

保元の乱勃発

7月11日未明

後白河軍が、崇徳上皇側が拠点としていた白川殿を襲撃しました。

兵の数では圧倒的に後白河軍が勝っていたため、崇徳上皇側はあっという間に瓦解しました。

かろうじて逃げだした崇徳上皇ですが、すぐに捕縛されました。

崇徳上皇は讃岐へ流罪となり、味方した主な兵たちは、ことごとく処刑されたのです。

そのころ、後白河天皇は?

保元の乱は、後白河天皇と崇徳上皇の皇位継承争いが中心となった戦いですが、後白河天皇は、この乱の指揮を取っていません。

乱を主導していたのは、藤原忠通と信西でした。

形式的な存在でしかなかった後白河天皇は、乱後の処罰にもほとんど関与していないと考えられます。

保元の乱から2年後、後白河天皇は、予定通り守仁親王(二条天皇)に譲位して、上皇になりました。

後白河上皇となったとはいえ、彼が直接政務に携わることはありませんでした。

政権は、信西が握ったのです。

二条天皇派と後白河上皇派の対立

後白河派の信西が権力を持ったことに反発したのは、二条天皇派です。

鳥羽上皇が本当に皇位を継いでほしかったのは、二条天皇でしたし、後白河上皇のだめだめぶりは朝廷内にしっかり浸透していました。

その上、後白河上皇側でも、信西と藤原信頼(後白河上皇の近臣)が反目していました。

不安定な朝廷の中で、微妙なバランスで立っていた政権は、やがて平治の乱へと向かうのです。

平治の乱勃発

平治元年(1159年)12月9日深夜

藤原信頼は、源義朝の軍勢に後白河院・三条東殿を襲撃させました

後白河上皇は、二条天皇のいる一本御書所に幽閉され、信西は殺害されます。

信頼は、後白河上皇と二条天皇を監視下に置き、政権を握ったのです。

平治物語より  信西の首がさらされている絵

藤原信頼はなぜ後白河上皇の館を襲った?

信頼は後白河上皇の近臣で後白河上皇にも近しい存在でしたが、それ以上に信西の存在が憎かったのです。

信西を亡きものにして、後白河上皇と二条天皇を自分の手駒にしたかったのだと考えられます。

しかし、政権は信頼の手からすぐに逃げてしまいました。


タイトルとURLをコピーしました