斉藤一 新選組三番隊長のミステリアスな生涯と生き様を見る

新選組新選組

斎藤一は、新選組結成当初からのメンバーの中で、明治維新後も生き永らえた数少ない隊士です。

新選組ファンの中では、群を抜いて人気のある土方歳三には及びませんが、早世の天才剣士沖田総司に劣らないほどの人気がある斎藤一ですが、同じく明治以後に生きた永倉新八や島田魁のように本人の言葉を残していません。

そのためか、未だにミステリアスなイメージがあり、余計に多くの人の心をつかんでいるようですね。

今回は、そんなミステリアスの斎藤一の生涯を紹介します。

いつもながら、史実に基づきながらも、多分に私情の入ったお話になると思いますので、その点悪しからずご了承くださいね。

 

斎藤一の生い立ち

天保15年(1844年)

斎藤一は、旗本鈴木家に仕えたと言われる山口右助の三子として生まれました。

一説には、1月1日生まれと言いますが、これは確かではないと思います。

当時、年齢は数え歳で、その年の何月に生まれよう(12月でも!)と、生まれたときに1歳となり、翌年の元日には2歳になります。
なので、誕生日にはあまり意味がなかったようで、わかりやすく1月1日生まれとした場合もあるそうです。

 

兄は廣明、姉は勝(ひさ)と言いました。

父が明石出身だったために、斎藤一は、明石浪人と名乗っていたようです。

幼少のころの斎藤のことは、ほとんどわかっていませんが、剣術の修業はしていたようです。

青年期 住み慣れた江戸から京へ

永倉新八が残した『浪士文久報国記事』によると、斎藤は近藤勇が経営していた天然理心流試衛館へ出入りしていたらしく、のちの新選組幹部たちとは江戸に暮らしていたときから顔なじみだった可能性があります。

ですが、近藤たちが参加した浪士組には応募していません。

実は、斎藤は19歳のころ、江戸の小石川である旗本と口論になって、その旗本を斬ってしまいました。

刀

そのため斎藤は、父の友人で京都で道場を開いていた吉田某を頼り、近藤たちよりも先に京へ上っていたのです。

吉田道場では、斎藤は師範代を務めていたそうですから、もうそのころには剣の腕は相当なものだったようですね。

近藤たちとの再会そして新選組入隊

文久3年(1863年)2月

将軍警護のために集められた浪士組が京へやってきます。

出展:ボクチャン20120524 浪士組の本陣となった新徳寺

しかし、浪士組を発案し、率いていた清河八郎の策略とそれに対抗する幕府の方針によって、浪士組は再び江戸へ戻ることになります。

清河の策略
なんの後ろ盾もなかった清河は、江戸にあふれていた浪人を何とかしたい幕府に働きかけて、将軍警護の名目で浪士組を結成させた。しかし実は、浪士組をそのまま攘夷の兵とするつもりだった。
それを知った幕府は、阻止するために慌てて浪士組を江戸へ呼び戻した

しかし、近藤をはじめとする数十人は、当初の目的通り、将軍警護のために京へ残りました。

文久3年3月10日

近藤勇・芹沢鴨たち13名が壬生浪士組を結成し、京都守護職会津藩のお預かりとなります。

壬生浪士組は、すぐに隊士の募集をしますが、この時に斎藤一も入隊したと考えられています。

斉藤が江戸を出奔してから、久しぶりの試衛館メンバーとの再会です。

お互いに再会を喜んだことでしょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました