フェリーさんふらわあ「さつま」で大阪から鹿児島へ弾丸で行ってきた!

フェリーさんふらわあさつま観光雑記

鹿児島で仕事をしている息子のおかげで、フェリーさんふらわあで初めての船旅を経験してきました。

私の仕事の関係で弾丸(船中2泊の現地0泊)になりましたが、娘と二人、楽しむことができましたよ。

今回は、さんふらわあ「さつま」でのゆったりとした船の旅を紹介します。

 

京都からさんふらわあの乗船地大阪南港へいざ出発!

せっかくのフェリーなので自動車でという選択もあったのですが、大阪の道路を無事故で走る自信など全くないために今回は、電車を乗り継いでいくことにしました。

大阪の地下鉄のややこしさにおののきながら、なんとかコスモスクエア駅へ。

ニュートラムに乗り換えて「トレードセンター前駅」で降ります。

広々としたATC内を抜けていくと、見えてきました。

さんふらわあチケット売り場です。

予約番号アクセスキーを窓口で伝えるか、自動発券機に入力すれば、乗船券とカードキーがもらえます。

乗船口を進み、エレベーターでシャトルバス乗り場におります。

大きなさんふらわあがそこに見えていますが、徒歩でうろうろするのは危ないので、ほんの5分ほどですが、バスに乗らなくてはなりません。

バスから降りると目の前に巨大な船体が!

さあ、船旅の始まりです!

いよいよさんふらわあへ!豪華な船内に大満足!

この日は、連休間近の金曜日のせいかお客さんが多く、乗船する時も少し並ばなくてはなりませんでした。

社員旅行風の団体さんや家族連れの姿が多く見られました。

船の中に入るとどこからか歌が聞こえます。

エントランスで生歌のお出迎えをしてくださっていたのです。

エントラスホールは3フロア吹き抜けの解放感ある空間がホテルのようです。

早速お部屋をチェックしました。

廊下もホテルみたいです。

今回はデラックスタイプの部屋を奮発しました。

思ったよりきれいでゆったりできそうなお部屋です。

ベッドの手前には大きなソファーとテーブル、テレビがあります。

トイレとシャワールームも完備。

小さめながら冷蔵庫もあります。

娘と二人ゆっくりまったりするには十分すぎる空間です。

荷物を置いて船内探検。

まずはデッキに出てみました。

気持ちいい風が吹いています。

デッキから下を見るとすご~く下のほうに海が・・・!

高所恐怖症の娘は「無理~」と後ずさりしながら船内に戻ってしまいました。

出港は17時55分ですので、この季節はまだまだ明るくて、海の向こうがずっと見渡せるはずなのですが、雨がちの曇りというお天気のせいで、景色はあまり期待できそうにありません。

景色がダメなら、食欲です!

娘が楽しみにしていたバイキングの夕食は18時営業開始でしたが、20分ほど前には、行列ができていました。

娘がお目当てのハマチ・カンパチを早く食べたいということで、行列嫌いの私たちも並ぶことにしました。

(後で聞いた話ですが、この日は満員に近いお客さんだったために行列ができる程になってしまったようです。実際帰りはまったく並んでいませんでした)

いろいろなお惣菜が並ぶバイキングコーナーも人がいっぱいでしたが、

外が見える席を確保してなんとか夕食をいただきました。

バイキング料金(円)大人シルバー(65歳以上)小学生幼児(満4歳以上)
夕食2,0001,6501,350720
朝食620620410310

夕食を食べ終わるころには、日が暮れてきました。

雲の合間に夕陽が見えてとても綺麗でした。

船内のエントランスホールでは、楽しいイベントが催されていましたが、基本的にインドア派の私たちは、お部屋でひたすらまったり過ごしました。

ちなみにこの日のイベントはほっこりペイント似顔絵とドラマステージワクワクエンターテインメントショーでした。

家族連れやグループ旅行のお客さんにはとっても好評ですよ

エントランスホールの天井には、プロジェクションマッピングも!

 

インドアを楽しむ私たちは、部屋でおやつを食べながらテレビを見たり、

読書をしたり。

普段仕事や家事に追われている忙しい日々を忘れる有意義な時間を過ごしました。

読書好きだけど、ゆっくり読んでいる時間もなかった最近でしたが、この日のために買っておいた本を堪能しました(o^―^o)

いつもは夜遅くまで起きている娘も今日は11時には就寝。

エンジンの音がわずかに聞こえ、揺れも感じましたが、思ったほど気になりません。

以前小さな規模のフェリーに乗ってひどい船酔いをした娘は、念のため酔い止めを一錠飲んでいましたが、幸い海も荒れていなかったために

全く酔うことなく、かえって気持ちよく寝ることができたようです。

初めての鹿児島志布志への上陸!

いつもよりゆっくりと眠って6時30分頃に起床すると、外はすっかり明るく(…曇っているので少し明るくかな)なっています。

船内放送では、7時からの朝食バイキングをお知らせしています。

昨晩の夕食が早かったせいか、二人ともお腹がぺこぺこでした。

お化粧は後回しにして、朝食を食べにいきます。

ごはん派にもパン派にも対応したおかずがいろいろ並んでいます。

スクランブルエッグ、ソーセージ、厚焼き玉子、つくだ煮、サラダにお味噌汁、おかゆもあります。

パンもいろいろ、クロワッサンやロールパン食パンなどなど。

「自分で作らない朝食は、なぜこんなにおいしいんだろう」

しっかり朝食を食べたら、シッカリとお化粧します。

さんふらわあ「さつま」は8時55分、定刻通り鹿児島志布志に到着しました。

旅先での観光がメインになりがちの旅行ですが、船旅は、その行程すべてを楽しむことができます。

日々時間に追われている人こそ、船旅はおすすめですよ。

さんふらわあのゆったり旅、あなたも一度体験してみてくださいね。

 

 

 

フェリーさんふらわあの紹介まとめ

さんふらわあの乗船予約は、インターネットか電話での受付があります。

乗船予定日の2か月前から受付が始まりますので、ゴールデンウイークやお盆、お正月などの繁忙期は、早めに予約しましょう。

さんふらわあ乗船口へのアクセス(大阪発の場合)

さんふらわあターミナルの最寄り駅は、ニュートラムのトレードセンター前駅です。

ニュートラム コスモスクエア駅から一駅、もしくは住之江公園駅・中ふ頭駅から行くことができます。

*ニュートラムの駅には「フェリーターミナル駅」もあるのですが、

さんふらわあ乗り場の最寄り駅は「トレードセンター前駅」ですので注意してくださいね

さんふらわあ「さつま」の客室

*ツーリスト(大部屋)

仕切りカーテンあり、携帯・PCコンセントあり

*プライベートベッド(相部屋タイプ)

相部屋ながらプライバシーは重視されています。ベッドごとにテレビあり

 

この投稿をInstagramで見る

 

さんふらわあ(関西↔︎九州)さん(@ferry.sunflower)がシェアした投稿

*プライベートシングル

各部屋にテレビを設置。ドア部分はアコーディオンカーテン

*スーペリア(1~2名用)

シャワー・トイレ・洗面設置。テレビ・冷蔵庫あり

*デラックス(2~4名用)

シャワー・トイレ・洗面設置。テレビ・冷蔵庫・電気ポットあり

*ウイズペットルーム(2~4名用)

ペット同伴OKのデラックスルーム。隣接のドッグランあり

 

この投稿をInstagramで見る

 

船に乗ってるんだ🛳 #さんふらわあさつま #ウィズペットルーム #ミニチュアシュナウザー #シュナスタグラム

鮪太郎さん(@yutarou_nakazato)がシェアした投稿 –

*スイート(2~3名)

専用バルコニー・バス・トイレ・洗面台設置。テレビ・冷蔵庫・電気ポットあり

料金は、徒歩・マイカ―・バイクにより変わります。

その他詳しくはフェリーさんふらわあのホームページをご覧ください。

さて、鹿児島志布志へ到着した私たち、たった一日の志布志の旅は、雨模様ながら思いのほか楽しく過ごせました。

でも、志布志のおすすめスポットは、次回紹介しますね。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました